横須賀版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

横須賀のご当地食であるカレー専門の「こども食堂」をスタートさせる 村尾 直人さん 鴨居在住 49歳

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena

会話の中心にいつもカレー

 ○…子ども支援の一環として全国的に広がりを見せている「子ども食堂」をご当地流にアレンジして運営する。提供するメニューはカレーライス。経済的に厳しい環境にある家庭や孤食の子どもに参加を呼び掛けて、お腹いっぱい味わってもらう。当面は月1回の頻度となるが、食事と一緒に地域のつながりやぬくもりを届ける。

 ○…「カレーを通じたコミュニティづくり」を標榜する市民団体「横須賀カレーラボ」を主宰する。海軍兵食を由来とする海軍カレーや世界各地のカレー食べ歩き、スパイスを調合した本格カレーに挑む料理教室など多彩な企画で多世代が混ざり合う場を生み出している。そこはどんな具材でも受け入れるカレーのような空間。昨年末は、コロナ禍で生活困窮世帯が増えている現実を知り、200食のカレーを振る舞うチャリティイベントを実施。わずか数時間で14万円の寄付が集まり、「善意は広がる」を実感した。市内の子ども食堂運営団体に寄付金を渡して思いを託したが、今度は自分たちが直接の支援に回る。

 ○…カレー好きが極まり、「研究家」を名乗るまでになった。コロナ以前は、休日の大半をカレーの名店・人気店巡りに費やし、自身が編集長を務めるウェブサイト「日刊カレーニュース」でグルメレポートを発信。雑誌やムック本にもレビューを投稿するなど活動のフィールドを広げている。

 ○…非行少年たちを更生に導いた保護司がつくる「更生カレー」の話を教えてくれた。そこでは、味ではなく、みんなで一緒に食べることに重きを置き、会話と一緒にカレーを存在させているという。「カレーをコミュニケーションツールに」。めざす方向性は定まっている。

横須賀版の人物風土記最新6

神馬 彩夏さん

横須賀市内で展開する「駅弁半島実行委員会」で事務局を務める

神馬 彩夏さん

浦郷町在住 30歳

5月7日号

阪本 昂平さん

来月3日に金沢区で行われる「金澤能」に出演する

阪本 昂平さん

追浜本町在住 22歳

4月23日号

鬼丸 凜太郎さん

射撃のビームピストルで4月17・18日に埼玉県で行われる全国大会に出場する

鬼丸 凜太郎さん

西逸見町在住 三浦学苑高2年

4月16日号

鈴木 明さん

引きこもり者の就労支援に取り組むNPO法人こどもの夢サポートセンター理事長

鈴木 明さん

鷹取出身 71歳

4月9日号

斎藤 絆菜(はんな)さん

「カラテドリームフェスティバル2020全国大会」中学1年生女子重量級で優勝した

斎藤 絆菜(はんな)さん

大矢部在住 13歳

4月2日号

村尾 直人さん

横須賀のご当地食であるカレー専門の「こども食堂」をスタートさせる

村尾 直人さん

鴨居在住 49歳

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter