横須賀版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

引きこもり者の就労支援に取り組むNPO法人こどもの夢サポートセンター理事長 鈴木 明さん 鷹取出身 71歳

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena

元校長は天性の世話好き

 ○…市の委託を受け2015年、元教諭らで法人を設立。メンバー約50人のリーダーとして、市内6会場で中学3年生に学習支援を行うほか、放課後子ども教室の運営にも携わり、音楽や英語、図工などを児童に指導してきた。今月10日には新たに引きこもり当事者を対象とした居場所「夢カフェ」を開設。「利用者が自由でのんびりした時間を過ごせるような場づくりに力を入れたい」

 ○…4年前から引きこもり者の就労支援を始め、昨年から訪問支援も実施。当事者宅に訪問しても「ほぼ会えない」というが、根気強く靴底を減らす。「一歩外の世界へと導く鍵となる」という本人の趣味や特技などの情報を親などから丁寧に傾聴し、アプローチの糸口を共に模索。扉の向こうで鬱々と過ごす相手に、柔らかな口調で語りかける。「焦らず待つことが大事。ゆっくりと会話を重ね、そのうち一緒に料理や電車の乗り方、銀行で記帳の仕方を教えたり、出来ることから始めていけば道は開ける」

 ○…鷹取出身。元国語教諭として市内の中学校で教鞭をとり、最後は大矢部中の校長を務めた。その間、地域活動にも尽力。以前はゴミに埋もれていたという鷹取川周辺を1人で清掃するうちに、近隣住民も手伝うようになった。「今や当たり前の景色だけれど、菜の花や桜のなかを子どもたちが登校する姿をずっと思い浮かべていた」

 ○…定年後の趣味はジャム作り。ひと月に100瓶、パインやチョコバナナといった変わり種を子ども教室の児童に届け、みんなから「ジャムおじさん」と言われている。「趣味も支援もとことんこだわりたい。これからも自分のライフワークとして、横須賀が抱える社会問題に立ち向かい、悩める人を一人でも多く救いたい」

横須賀版の人物風土記最新6

鬼丸 凜太郎さん

射撃のビームピストルで4月17・18日に埼玉県で行われる全国大会に出場する

鬼丸 凜太郎さん

西逸見町在住 三浦学苑高2年

4月16日号

鈴木 明さん

引きこもり者の就労支援に取り組むNPO法人こどもの夢サポートセンター理事長

鈴木 明さん

鷹取出身 71歳

4月9日号

斎藤 絆菜(はんな)さん

「カラテドリームフェスティバル2020全国大会」中学1年生女子重量級で優勝した

斎藤 絆菜(はんな)さん

大矢部在住 13歳

4月2日号

村尾 直人さん

横須賀のご当地食であるカレー専門の「こども食堂」をスタートさせる

村尾 直人さん

鴨居在住 49歳

3月26日号

高堂 翔さん

昭和歌謡からJポップ、演歌をレパートリーに歌まねアーティストとして活動する

高堂 翔さん

馬堀町在住 25歳

3月19日号

石田 忠さん

「横須賀ギターアンサンブル」代表でウェルシティ市民プラザでコンサートを開く

石田 忠さん

衣笠栄町在住 68歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演

横三教育会館でリサイタル

4月18日~4月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter