神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2021年4月16日 エリアトップへ

射撃のビームピストルで4月17・18日に埼玉県で行われる全国大会に出場する 鬼丸 凜太郎さん 西逸見町在住 三浦学苑高2年

公開:2021年4月16日

  • LINE
  • hatena

「自分との戦い」楽しむ

 ○…3月に行われる予定だった全国高校選抜大会が延期、代替で分散開催となった。昨年度は大会がほとんどなく、高校生として初の全国。「試合前のモチベーションを保つのが難しい」と苦笑する。

 ○…市体育協会の小中学生育成プログラム「横須賀ジュニアトップアスリートアカデミー」の出身。小学6年で初めて手にした時は「全然当たらず、やっていけるか不安だった」。次第にど真ん中、満点を出せるようになり「続くと嬉しいし、負けず嫌いの性分が出て”自分との戦い”を楽しめるようになっていた」と語る。坂本中では野球部に所属し、射撃と両立。その中学時代、身体の成長とフォームのバランスとの調整で大会での成績は一進一退、思い悩むこともあったが「勝負心やあきらめない気持ちの強さは、野球の経験が活きている」

 ○…久里浜にある練習場は自宅や学校から1時間以内で「恵まれた環境」と話す。平日は3時間、週末は4時間以上、休場日以外は毎日、的に向かう。自分を客観的に見て「日々コツコツ目標に向かって進めるタイプ」。個人競技を「極める」には技術はもちろん自身を高める精神力も必要だ。「肩や腕に無理に力を入れず、当てようと狙わずに意識をフラットに保つこと」。凜とした佇まいで、心を乱さず試合に臨む。

 ○…射撃にはピストルとライフルでそれぞれエア(空気銃)・ビーム(光線銃)、4つの種目があり、大会に応じて使い分けている。高校の全国大会の次に目指すは、インターハイや国体、その先に見据えるのは五輪。高校生以上になると競技人口も増えていく。「上に行きたいという意欲が増した。頂点を目指したい」。秘めたる闘志を見せた。

横須賀版の人物風土記最新6

酒井 俊雄さん

視覚障がい者に向けたチャリティー朗読劇を主宰している

酒井 俊雄さん

佐野町在住 68歳

5月17日

青木 勝さん

今年発足50周年を迎えた「クリーンよこすか市民の会」の会長を務める

青木 勝さん

三春町在住 79歳

5月10日

小野 愛果さん

中学女子ソフトボール都道府県対抗大会で大会MVPを受賞した

小野 愛果さん

阿部倉在住 14歳

5月3日

鶴 ジュンさん

長井の活性化イベント「浜と丘とマーケット」を主催する

鶴 ジュンさん

長井在住 54歳

4月26日

三木 真理子さん

「関根川〜相模湾海中 水の輪つなぎ活動:chotto」の代表を務める

三木 真理子さん

秋谷在住 

4月19日

今野 睦夫さん

横須賀市ラジオ体操連盟を設立し、会長に就任した

今野 睦夫さん

二葉在住 82歳

4月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook