横須賀版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

県政報告【6】 資源循環と脱炭素 県が強い主導を 立憲民主党・民権クラブ神奈川県議会議員野田はるみ

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena

 4月22日に菅首相が気候サミットで発表した新目標を基に、2030年に向けた国のエネルギー・気候変動政策が今後議論されますが、目標だけでなく国内の政策措置の抜本的な強化も不可欠です。我々は現在直面している新型コロナに加え、気候変動の巨大リスクも克服しなければなりません。私も3月15日に県議会予算委員会において、資源循環型社会と脱炭素社会の実現に向け、質疑に加えて以下の要望を行いました。

資源循環型社会の実現

 全世界の共通課題であるプラゴミ・食品ロスで、日本の排出量は上位。人々の今までの常識を変え、未来に責任ある方向性を示す必要があります。循環型経済の構築には一人ひとりの消費行動が大きく影響します。持続可能社会への取り組みは一部の人だけでは課題解決されず、日常生活に密接に関わる問題として消費者・生産者・行政が共に取り組み、各々が責任と役割を持つことが重要です。日本がオリンピック等の大規模イベントホスト国を務める今年、県も環境に配慮した催し等を具体的に進め、ルールの徹底化や環境に配慮した自治体の率先行動がまずは肝心。ゴミの発生抑制を進め、資源がしっかりと循環する仕組みを構築し、ゼロウェイストに向けた具体的な施策・取り組みを関係団体や市町村と連携を図り、進めることを要望。

脱炭素社会の実現

 脱炭素社会実現という大きな目標を達成することは容易ではなく、県民一人ひとりがこれまでのライフスタイルを抜本的に見直す必要があり、県は県民の意識醸成を求められます。気候変動問題に関して豊富な知見を有する研究機関「IGES」を誘致した県としても十分に連携し、環境教育の充実と県民意識の醸成に努め、経済社会の諸課題を環境面から解決する新たなアプローチも掲げて頂きたい。また徹底した県の事業見直しからの再生可能エネルギー導入は取り組み支援のほか、企業や事業者への厳しい評価制度や優遇措置などの施策と合わせて脱炭素社会への動きを加速させることを要望、今後も注視して参ります。

横須賀版の意見広告・議会報告最新6

みんなの願いを、未来の市長に

市政報告連載第14回

みんなの願いを、未来の市長に

横須賀市議会議員 小林のぶゆき

5月14日号

「2021春 未来会議」開催します

市議会会派 よこすか未来会議

「2021春 未来会議」開催します

5月16日、ヴェルクよこすか+オンライン

5月7日号

コロナ禍で生活が苦しい方へ

市政報告連載第13回

コロナ禍で生活が苦しい方へ

横須賀市議会議員 小林のぶゆき

4月30日号

資源循環と脱炭素 県が強い主導を

県政報告【6】

資源循環と脱炭素 県が強い主導を

立憲民主党・民権クラブ神奈川県議会議員野田はるみ

4月30日号

私たちの税金はどう使われる?

市議会会派 よこすか未来会議

私たちの税金はどう使われる?

来年度予算ひも解く「オンライン未来会議」

3月19日号

上地市長は、市民に説明を

市政報告連載第12回

上地市長は、市民に説明を

横須賀市議会議員 小林のぶゆき

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter