横須賀版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

「まん延防止」飲食店に打撃 酒類出せず売上減に拍車

経済

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena
時短営業の案内を貼る「酒蔵一升屋」の藤原さん
時短営業の案内を貼る「酒蔵一升屋」の藤原さん

 横須賀市は今月12日から、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ「まん延防止等重点措置」の対象地域に追加された。各業種の中でも午後8時までの時短営業や酒類の提供を終日停止しなければならない飲食店は特に売上減に拍車が掛かっている。

 神奈川県は重点措置の対象地域に指定していた横浜市や川崎市など9市を今月末まで対象期間を延長することに加え、新たに横須賀市・藤沢市・茅ヶ崎市・逗子市・三浦市・伊勢原市・葉山町・寒川町の8市町を追加。上地克明市長は「事業者の影響を考えると断腸の思いだが、県の意向を受け入れることにした」と市民向けメッセージを市HP上に公開した。

暖簾街の灯が消えた

 重点措置の要請を守った飲食店に対しては、売上高に応じて1店舗あたり1日4万円から20万円の協力金が支給されるが、守らなければ協力金は支給されず、過料が科される場合もある。

 バーやスナックを中心に軒を連ねる「若松マーケット」では約9割の店舗が休業しており、歓楽街から灯が消えた。

 京急久里浜駅前にある「酒蔵一升屋」の藤原哉さんは、ランチ営業は継続しているが、夜は店を閉めている。「普段は常連客が中心だが、GWは横浜や川崎からの来客もあった。ランチはほとんど利益が出ないけれど、店の灯を絶やしたくなかった」という。

 重点措置区域内において1000平方メートルを超える大規模な集客施設も午後8時までの営業時間短縮が県から要請されており、さいか屋やリドレ、モアーズシティなど商業施設はそれに応じている。

コミュニティセンターや生涯学習センター、体育会館(プール含む)など市施設も同様だ。

 市は主催する大規模イベントを9月末まで中止としているが、今月30日に横須賀芸術劇場で実施する「新成人のつどい(成人式)」は予定通り催す。対象者4521人は中学校区で計4回に時間帯を分散して行うという。これについて上地市長は「悩みに悩んだが、子どもたちの人生の門出を市全体で祝ってあげたかった。安全対策を徹底したい」と述べた。

   【今月11日起稿】
 

横須賀版のトップニュース最新6

移動スーパー 安否も確認

田浦中央食品

移動スーパー 安否も確認 社会

横須賀市と「地域見守り協定」

10月22日号

新聞を教材に活用

上町アンガージュマン

新聞を教材に活用 教育

NPOとして初の「NIE」認定

10月22日号

“娯楽の殿堂”で再開

さいか屋南館

“娯楽の殿堂”で再開 経済

eスポーツやカラオケ軸に

10月15日号

抗体カクテル療法を開始

横須賀市医師会

抗体カクテル療法を開始 社会

新型コロナの自宅療養者に

10月15日号

商店街に出張美術館

衣笠

商店街に出張美術館 文化

空き店舗活用で谷内作品

10月8日号

ICT教育施設「スカピア」開設

ICT教育施設「スカピア」開設 経済

学童保育や地域交流拠点

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook