横須賀版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

「LGBTQ+」理解広げる 学生団体がイベント企画、支援募る

社会

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena
代表の清水さん(右)と副代表の高信さん
代表の清水さん(右)と副代表の高信さん

 性的マイノリティ「LGBTQ+」への理解を深めることを目的に、任意学生団体「ReCrop」は来月31日(火)に交流型イベントの実施に向けて準備を進めている。本町のヨコスカ・ベイサイド・ポケットを会場に、ファッションショーなどを通じて自己表現の場としていきたい考え。実現に向けてクラウドファンディングでの支援を呼び掛けている。

 「ReCrop」は地方創生とSDGsをテーマに社会課題の解決策を探るため、昨年8月に立ち上がった任意団体。現役大学生を中心に6人で運営している。これまで八王子や青梅、山梨などで活動を展開してきた。今回は日本のLGBTQ+当事者の比率が諸外国に対して多いという調査結果と比べ、非当事者の理解が追い付いていない現状に課題があることに着目。そこで交流型イベントを通じて理解を促す。

 横須賀を会場に選んだ理由を「全国に先駆けて2019年にパートナーシップ宣誓証明制度を導入するなど、横須賀市にはこの分野で先進的な取り組みがあることを前向きに捉えた」と同代表の清水一紀さん。今回の初めてのイベントを成功させ、モデルケースとして全国にも展開させていきたいという。

 イベントは世界共通の自己表現方法としてファッションショーを主に、ジェンダーレス女子「じょん」や同性カップルで日常生活を配信する「ぴたちゃんねる」の2人などのYouTuber、おなべお笑い芸人「幸世」ら出演者のトークショー、親睦の場などを用意。また横須賀を中心に活動する学生団体の「(一社)NELD」もイベントのサポートで協力する。

クラファンで支援

 「ReCrop」はイベント開催に向け、運営費用の捻出を目的にクラウドファンディングを通じた支援を募っている。今月30日(金)の締切で目標額は40万円。今月6日時点で約25万円が集まっており、期限までに目標額へ達しなかった場合は支援全体が無効となる。「CAMP FIRE」ページ内で2千円から10万円まで受付。「多様性を互いに認め合い、住みやすい社会を未来へ作るきっかけとしてまずは実現させ、続けていきたい。そのためにも是非協力して頂ければ」と清水さんは呼び掛けている。

横須賀版のトップニュース最新6

経済回復の起爆剤に

横須賀市

経済回復の起爆剤に 経済

「25%上乗せ」商品券販売

9月24日号

境内に「非常用トイレ」

西逸見町浄土寺

境内に「非常用トイレ」 社会

井戸水利用で災害時に対応

9月24日号

地域振興にアニメ活用

『スローループ』×YOKOSUKA

地域振興にアニメ活用 社会

ファンの来訪、聖地化に期待

9月17日号

端末持ち帰り不可

横須賀市公立小中

端末持ち帰り不可 教育

慎重姿勢の市教委

9月17日号

廃プラリサイクル工場開設

神明町

廃プラリサイクル工場開設 経済

国内最大級、稼働は来秋

9月10日号

19の公共施設を再編

横須賀市FMプラン

19の公共施設を再編 経済

青少年の家を一部廃止

9月10日号

上町商店街連合会

ワクチン接種キャンペーン実施中!特典サービス盛りだくさん!

https://www.yokosuka-oideyo.com/shoutengai-uwamachi.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook