横須賀版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

日本コロムビア所属歌手で作詞家としても活動する 横須賀 しのぶさん(作詞家名:愛 よこすか) 林在住

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena

歌と子どもに生かされ

 ○…歌手として活躍する傍ら、昨年は1千を超える新作歌謡から作詞曲『お前は俺の命花』がコンクール「優秀賞」に選ばれた。女性歌手の曲の募集に対し、投じた作品は男性目線の詩。所属する日本音楽著作家連合会からラブコールを受け、締切間際での初応募だった。「まさかこんな素敵な賞を頂けるとは思ってもみなかった。開けた封書の中で『優秀賞』の文字を見つけた時は、涙を流すほど嬉しかった」と笑みをこぼす。

 ○…故郷の茨城県内でラーメンの屋台やスタンドバー、横須賀に移り住んでからは居酒屋や海の家など、得意な料理の腕を活かして家族を支えてきた。音楽の道へと進んだきっかけは、横須賀中央のカラオケスナックに偶然居合わせた、日本歌謡界を代表する作家の故・佐伯亮さんからのスカウトだった。以来、好きで始めた作詞家と共に歌手を続けている。

 ○…これまでの結婚生活で、夫による苦労が絶えなかった。寝る間も惜しんで働き、愛する子どもたちを育ててきた当時を思い返し、「家族のために身を削って働く妻を労って愛する理想の夫」の目線で綴ったのが今回応募作品だ。「世の旦那さんたちに、こんな思いで奥さんを大切にしてもらいたい」。重みのある言葉とその思いが審査員にも伝わった。

 ○…2年前までは上町で店を構えていたが、もらい火により焼失。災難にもめげず、ほどなくして林で営業を再開した。その後に起きたコロナ禍。店を開けられず、歯がゆい日々が続くが「次のコンクールでは最優秀賞を」と、今月末の締め切りに向けて新作を執筆中。「歌手・作詞家としてもっと名を広めたい」。人一倍の苦労を感じさせないその明るさとタフさが、今なお人々を惹きつけてやまない。

横須賀版の人物風土記最新6

石塚 千津子さん

ボランティア団体「ゆいの広場」代表で認知症カフェ「 ら・らら」を運営する

石塚 千津子さん

グリーンハイツ在住 72歳

9月17日号

横須賀 しのぶさん(作詞家名:愛 よこすか)

日本コロムビア所属歌手で作詞家としても活動する

横須賀 しのぶさん(作詞家名:愛 よこすか)

林在住

9月10日号

岡田 成煥(せいかん)さん

株式会社富士防の代表取締役で「富士防職業訓練校」を開校した

岡田 成煥(せいかん)さん

森崎在住 55歳

9月3日号

荒井 峻(たかし)さん

大津中学校陸上部顧問で全国中学校陸上競技選手権大会に選手を導いた

荒井 峻(たかし)さん

長沢在住 36歳

8月27日号

北川 幸子(ゆきこ)さん

私設スペース「衣笠駅徒歩1分図書館」を運営する

北川 幸子(ゆきこ)さん

衣笠栄町在勤

8月20日号

中澤 秀佳さん

全国高等学校将棋選手権大会の女子個人戦で準優勝した

中澤 秀佳さん

池上在住 清泉女学院高校1年

8月13日号

上町商店街連合会

ワクチン接種キャンペーン実施中!特典サービス盛りだくさん!

https://www.yokosuka-oideyo.com/shoutengai-uwamachi.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook