横須賀版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

全国高校サッカー選手権に尚志高校(福島県)のセンターバックとして出場した チェイス アンリさん 津久井出身 17歳

スポーツ

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena

「努力は才能に勝つ」

 ○...頭一つ抜けた打点の高いヘディング、相手のチャンスを潰すパスカット、空いたスペースを見逃さない絶妙なスルーパス。全国大会で攻守にわたる圧倒的な存在感を示したが、2回戦で惜しくもPK負けを喫し大粒の涙を見せた。「空中戦で競り負けた局面はなかった」。強い語気の中に悔しさを滲ませる。

 ○..."超高校級"と称される大型ディフェンダー。飛び級でU―22日本代表に選ばれており、昨秋行われたアジアカップ予選カンボジア戦では、センターバックとしてフル出場。相手を無失点に抑え、勝利に大きく貢献した。187cmの長身を活かした強靭なフィジカルと抜群のサッカーセンスで、福島の名門校を牽引。県予選決勝では左足で劇的なゴールを決め、2大会ぶりとなる大舞台へと導いた。「優勝争いのダークホース」の中心選手として注目を浴び、トレードマークのアフロヘア―をなびかせ、スタジアムを沸かせた。

 ○...米国人の父と日本人の母の間に生まれ、バスケ、水泳、ピアノなど持ち前の集中力で器用にこなした。サッカーを始めたのは長沢中入学後で競技歴は6年に満たない。「周囲は経験者ばかりで劣等感があった」。部員に迷惑をかけまいと、日夜グラウンドで汗を流した。すると素質が萌芽。中3でクラブチーム・FC湘南ジュニアユースへ。のちに尚志関係者の目に留まった。「コーチや監督のアドバイスを自分の中で噛み砕き、課題に対して挑戦し続けてきたから成長できた。努力は才能に勝つ」

 ○...進学はせず、プロ入りをめざす。最終的な目標は「欧州チャンピオンズリーグ優勝」。キリリと結んだ口元が凛々しい。2024年パリ五輪では、日の丸を背負い、世界を席巻するシーンが見られるかもしれない。

横須賀版の人物風土記最新6

大場 智和さん

地域貢献事業を手掛ける一般社団法人「よこすかスポーツ・M学舎BAO」を立ち上げた

大場 智和さん

岩戸在住 68歳

1月21日号

チェイス アンリさん

全国高校サッカー選手権に尚志高校(福島県)のセンターバックとして出場した

チェイス アンリさん スポーツ

津久井出身 17歳

1月14日号

中本 剛央さん

横須賀青年会議所第70代理事長に就任した

中本 剛央さん

深田台在勤 39歳

1月7日号

鈴木 友さん

写真集『解体されゆく電車の風景』を自費出版した

鈴木 友さん

鴨居在住 22歳

12月17日号

吉田 友則さん

創作料理で地元生産者と交流を図る「よこすか青空レストラン」を主催する

吉田 友則さん

西浦賀出身 51歳

12月10日号

石井 健次さん

横須賀市産業振興財団の職員として、起業・創業支援の事業を手掛ける

石井 健次さん

市内在勤 41歳

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook