横須賀版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

横須賀市議会 「子どもの権利」社会で守る 条例制定にパブコメ募集

社会

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena
昨年11月には市議を交えた意見交換を実施
昨年11月には市議を交えた意見交換を実施

 横須賀市議会は「(仮称)横須賀市子どもの権利を守る条例」の制定に向けて、市民からの意見聴取「パブリックコメント」を実施している。同条例は国が1994年に批准した「児童の権利に関する条約」の理念をもとに、子どもの権利を明確化するもので、虐待や体罰、いじめの防止や障害がある子どもへの支援なども盛り込んでいる。

いじめ・虐待の防止も条文に

 市議会では、市政での課題解決のため、政策検討会議を立ち上げ、議員立案の条例制定を進めている。昨年12月には「犯罪被害者等基本条例」を策定した(今年4月施行)。

 今回、市民から意見聴取を行う「子どもの権利を守る条例」は、いじめや虐待といった問題やひとり親家庭への支援、子どもの貧困など、社会環境が複雑化する中で、保護者や子どもにかかわる立場の大人を含めた社会全体で「子どもの権利」を理解し、それを保障するためのもの。国内では川崎市など約50の自治体が同様の条例を制定している。

 市議会では一昨年12月に検討協議会を設置し、有識者の意見聴取や他都市の取り組みの効果や課題の検証、児童養護施設の視察などを行ってきた。

子どもの多様性尊重

 条例の具体的な内容は、「子どもが自ら守り、守られ、育まれる権利」「個性を尊重される権利」やいじめ、虐待の防止、障害のある子どもの権利や支援のほか、それらを保障するための学校や事業者の責務を定めている。

 制定に先立ち、市議会では昨年11月に市民参加の懇談会を実施。市内の虐待の現状と課題を専門家から聞いたほか、市議を交えて意見聴取を行った。参加者からは「教育・福祉・医療などの連携が不可欠」「スポーツにおける児童虐待への対策を」「『権利』があることを子ども自身が知る機会を設けてほしい」「子ども間のSNS対策も必要」「当事者の声も取り入れてほしい」など多様な声があった。

 パブリックコメントは1月24日(月)まで募集しており、条例素案は市議会ホームページで公開。詳細は議会局議事課【電話】046・822・9394

横須賀版のトップニュース最新6

ストリートダンスで熱くなれ

ストリートダンスで熱くなれ 社会

全国規模の大会、横須賀市が誘致

5月20日号

土地活用へ市場調査開始

大矢部弾庫跡地

土地活用へ市場調査開始 文化

民間事業者から意見募る

5月20日号

4回目接種 6月開始

新型コロナワクチン

4回目接種 6月開始 社会

60歳以上と基礎疾患のある人

5月13日号

障害者の働く場つくる

久里浜

障害者の働く場つくる 社会

NPOが商店街店舗引き継ぎ

5月13日号

9月末で営業終了

観音崎京急ホテル

9月末で営業終了 社会

新事業者運営で来春再開

5月6日号

BMX「聖地化」へ第一歩

横須賀市

BMX「聖地化」へ第一歩 スポーツ

うみかぜ公園でジャパンカップ

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook