横須賀版 掲載号:2022年4月22日号 エリアトップへ

私設絵本図書室「山の上のぼくら」を開設する 関川 日出雄さん 東逸見町在住 70歳

掲載号:2022年4月22日号

  • LINE
  • hatena

絵本に託す「つながる」想い

 ○…約半世紀かけて集めた絵本や児童書の「私設図書室」を東逸見町の谷戸にあるカフェの一角に開く。「本の価値が分かるところに置きたいと思っていた。子どもだけでなく大人にも手に取ってもらえれば」。想いを膨らませて数年。その願いがようやく叶った。

 ○…いまの「本職」は追浜にある喫茶店の店主。ライフワークとして「いわなべ仙吉」のペンネームで童話を創作している。学生時代、ロシア文学に傾倒し、大学のキャンパス新聞へ小説を投稿。選には漏れたが「童話のほうが合っている」とのアドバイスもあり、ジャンルを変えた。都庁に就職後は、職員組合の冊子などに投稿。離島の大島に赴任した際には、椿にちなんだ児童書を自費出版した。創るだけでなく「集める」ことにより力をいれるようになったのは、長男が生まれてから。「英国では子どもに読み聞かせをするのは父の役目。酒代が絵本に変わったよ」。気付けば1000冊を超えていた。

 ○…退職後は都内で絵本のある喫茶店を開業。子どもの学習環境を求めて伊東に転居し、横須賀へ来たのが6年前。店名「カメリア」は大島の椿に由来したものだ。喫茶店は地域交流の場。3年前には「追浜文芸ミニコミ紙・カメリア丸」を創刊した。A4紙1枚に店の客などが文章や写真を寄せて、今月には発刊40号を迎えた。自身を船頭に、小さな文芸コミュニティが生まれている。

 ○…私設図書室の開設を急いだのは、がんの闘病も大きな理由。短期入院中もパソコンで自伝のような児童文学も書き続けている。「本がつないだ縁を大切にしたい。人も場所も絵本が引き合わせてくれたのかも」と優しい笑顔。「山の上」の出会いの輪が”成長”することを期待している。

横須賀版の人物風土記最新6

山口 真生子さん

「全国消防職員意見発表会」に横須賀市消防局職員初の出場を果たした

山口 真生子さん

市内在住 27歳

6月24日号

飯田 浩司さん

ニッポン放送アナウンサーとして活躍する

飯田 浩司さん

大矢部出身 40歳

6月17日号

石川 貢さん

クラブユース県優勝の「横須賀シーガルズFCジュニアユース」で代表を務める

石川 貢さん

粟田在住 40歳

6月10日号

藤原 乃愛(のあ)さん

キックボクシング・ミネルヴァピン級で新たな日本王者となった

藤原 乃愛(のあ)さん

大矢部在住 17歳

6月3日号

江口 寛至(かんじ)さん

「カレーの街よこすか」公式テーマソングを作曲した

江口 寛至(かんじ)さん

若松町出身 22歳

5月27日号

大高 歩(あゆみ)さん

プロ野球チーム「神奈川フューチャードリームス」に今年度から所属した

大高 歩(あゆみ)さん

横須賀市出身 25歳

5月20日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook