横須賀版 掲載号:2022年5月20日号 エリアトップへ

大矢部弾庫跡地 土地活用へ市場調査開始 民間事業者から意見募る

文化

掲載号:2022年5月20日号

  • LINE
  • hatena
上空から見た大矢部弾庫跡地(市提供)
上空から見た大矢部弾庫跡地(市提供)

 横須賀市は「大矢部弾庫跡地」の活用について、民間事業者からアイデアを募るマーケットサウンディング(市場)調査を始めた。コンセプトやターゲット層、導入すべき機能などの意見を集約後、2023年度までに利用計画を策定する方針。国との土地取得協議を進め、24年度以降に事業者公募、設計・整備・供用開始をめざす。

 「大矢部弾庫跡地」は横須賀市大矢部2丁目にあり、面積は約19㏊、東京ドーム4個分に及ぶ。そのうち15㏊が斜面地で、木々が茂り、希少生物も生息する自然環境が残されている。

 市によると、明治初期から中期の周辺一帯は水田や松林が広がっていたが、1939年に旧軍施設となり、46年から弾庫関連とされる施設が建った。戦後、海上自衛隊の横須賀造修補給所が自衛艦隊や陸上部隊等の弾火薬の保管や補給のために使用。その後、自衛隊の整理・統合計画によって田浦港町の横須賀弾薬整備補給所比余宇弾庫に機能を移転し、現在は遊休地となっている。

 市は同地の取得・活用をめざしており、国との協議を進めるための土地利用計画の策定に向けて、このほどサウンディング調査に乗り出した。

多数の遺構眠る

 ここには自然だけでなく、多くの歴史的資源も残る。

 平安時代に建立された三浦為通を開基とする円通寺(廃寺)跡のほか、為通と義継の廟所・墳墓とされ、現在までに21穴見つかっている「深谷やぐら群」は、周囲の自然環境と景観がほぼ当時のまま。「遺存状態は良好で極めて貴重な遺跡」という。また、3カ所ある隧道弾庫は、出入口がコンクリートで塞がれた状態で残置されている。

 敷地の周囲では71年頃から宅地開発が進み、市全体と比較して北側の森崎地区は子育て世代が多く、南側の大矢部地区は60歳以上の割合が高い。こうした地域性を踏まえ、市公園建設課は「今ある資源をなるべく生かしながら、公園化も含めた自由な発想のもとで、地域に親しまれるような活用方法を探っていきたい」と話した。

 提案書は民間事業者や団体から6月10日(金)まで受け付け、7月下旬に結果を公表予定。

横須賀版のトップニュース最新6

三笠公園 リニューアルへ

横須賀市

三笠公園 リニューアルへ 社会

民間事業者にアイデア求め

6月24日号

さよなら、曲面の名建築

聖ヨゼフ旧病棟

さよなら、曲面の名建築 社会

築80年超の建物 7月末解体

6月24日号

機動救急隊 365日稼働へ

横須賀市消防局

機動救急隊 365日稼働へ 社会

南署へ配置、体制拡充

6月17日号

給食費「当面値上げせず」

横須賀市

給食費「当面値上げせず」 社会

物価高騰に食材変更で対応

6月17日号

“Uber(ウーバー)配車”で利便性向上

“Uber(ウーバー)配車”で利便性向上 経済

タクシー5社がサービス開始

6月10日号

二本立て「プレミアム商品券」

横須賀市

二本立て「プレミアム商品券」 経済

市と商店街がそれぞれ発行

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook