神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2024年3月8日 エリアトップへ

県政報告 能登半島地震からの教訓 神奈川県議会副議長 亀井たかつぐ

公開:2024年3月8日

  • X
  • LINE
  • hatena

 1月1日の能登半島地震から、約2ケ月が経ちました。この間、想像を超える被害が発生しているにも関わらず、道路や通信網の寸断などにより、その全貌が分かるまで長い時間を要したのが今回の災害の特徴でもありました。私たちの暮らす三浦半島と能登半島では地形の違いこそあれ、同じ「半島」であることや、ともに断層群の上に位置していることなど、共通のリスクを抱えています。今後、三浦半島における地震対策を考える上で、能登半島地震は多くの教訓を残したと感じています。

三浦半島でも起き得る

 道路の寸断が、あらゆる復旧・復興への足かせになることが改めて浮き彫りになりました。避難所への物資輸送も医療支援も、道路というインフラがあって初めて成り立ちます。三浦半島中央道路は防災・減災の視点からも早期に整備することを求めていきます。加えて、災害時に道路の復旧作業に当たってくださる地元建設業の皆様との協力体制もより強化していくことが欠かせません。

 また、17年前の初当選以来、崖地の多い三浦半島では急傾斜地崩壊対策が重要であることを繰り返し訴えてきました。県議会での質問に対し、当局は「令和4年度から加速化した施設整備の取組を積極的に進める」と答弁しており、そうした事業が着実に実行されるよう、今後も機会あるごとに議論の俎上に載せてまいります。

 半島は三方を海に囲まれています。能登半島地震では津波の高さが最大で4・7mに達しました。神奈川県では、沿岸市町が信頼性の高い「津波ハザードマップ」を作成できるよう、平成27年3月に津波浸水予測図(平成24年3月公表)を見直し、新たな津波浸水予測を公表しましたが、今後も最新の知見に基づき、見直しを重ねていく必要があるのではないかと考えています。

三浦半島に暮らすひとりとして

 いつやってくるか分からない地震への備えに対し、皆さまと同じ三浦半島に暮らす一人として、この地域の防災・減災対策に、今後も着実に取り組んでまいります。

亀井たかつぐ

https://kameisite.com/

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

横須賀版の意見広告・議会報告最新6

安全・安心で希望の持てる社会へ

県政を身近に 県政報告

安全・安心で希望の持てる社会へ

神奈川県議会議員 井坂しんや

3月29日

みんなで考えよう原子力空母のこと

3000人市民アンケートにご協力を!

みんなで考えよう原子力空母のこと

3月29日

一般質問に初の登壇

県政報告【9】

一般質問に初の登壇

神奈川県議会議員 永井まさと

3月22日

能登半島地震からの教訓

県政報告

能登半島地震からの教訓

神奈川県議会副議長 亀井たかつぐ

3月8日

市内医療の進むべき道は?

久里浜への病院移転まであと1年

市内医療の進むべき道は?

講演会が3月20日

3月8日

不登校は社会の課題

県政報告【8】

不登校は社会の課題

神奈川県議会議員 永井まさと

2月23日

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook