三浦版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

三浦の散歩道 〈第111回〉 みうら観光ボランティアガイド協会

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena
安楽寺の石階供養塔
安楽寺の石階供養塔

 「猫石」のわきの道を北へと進み、「若宮神社」方向から来た道へと当たり、右へ曲がり、飲料の自動販売機の前を過ぎて、左手に見える「小牧建設」の前の坂を上がると、「安楽寺」に至ります。

 『新編相模風土記稿』には、「妙音寺」(下宮田飯森)の項の終わりに、「子院安楽寺本尊阿弥陀、円乗寺地蔵を本尊とす。以上域外に散在す。」と記されています。

 『初声村誌』には、宗派は真言宗、古義派とあり、妙音寺末の資格とし、その縁起について、次のように記しています。

 「古老ノ口碑ニ宮田太郎貞明ナルモノ此ノ寺ヲ建立ストイフ、貞享二年(一六八五)本村ノ田中喜左衛門ナルモノ堂宇ヲ再建シテ今ノ地ニ移スト云フ、旧地ハ寺ノ西方ニ古屋敷ト称スル旧跡アリ。檀徒三百二十二人」。以上は浜田勘太著『初声の歴史探訪記』の転載ですが、同氏は、旧寺地については名を聞いていないとし、檀徒の数は、妙音寺の三三二人の書き誤りかもしれないと、記しています。

 この寺は「古義真言宗」の寺ですが、墓地内の墓石や塔婆を見ると、日蓮宗や浄土宗の墓などが見受けられますので、墓地は「里の墓地」なのでしょう。

 この寺に注目すべきものは二つあります。一つは、「石階供養塔」です。碑の上部に阿弥陀如来の座像が月輪の中に浮き彫りされていて、下側に「石階供養塔」と刻まれています。塔の右側面に刻まれた文字は不明ですが、供養を願う文か、と思われます。左の側面には建立された年月日の「弘化二年(1845)三月」の銘が刻まれています。

 さらに注目すべきは「権大僧都法印明慶不生位」と銘のある墓です。蓮華請座に「惣筆学門弟中」の文字があります。寺子屋の門弟のことです。この墓の主「明慶」は寺小屋を開いていたのでしょう。下の台座に「秋谷村、子易(こやす)(安)、曲輪(くるわ)(久留和)、和田村、高円坊村、上宮田村、菊名村」等が刻まれています。なんと、門弟が三浦半島の西部から南部に渡っているのです。

 なお、向かって右側面に「帰依(きえ)仏の外(ほか)に枝なし。分陀利花(ぶんだりか) 御手に引れて西へ西へと」と刻まれています。「分陀利花」とは「蓮花」のことのようです。左側には、出身地と没年が記されています。没年は慶応元年(1865)七月二十七日となっています。 

 また、台座の右側には、この地の氏名、大井、森、小牧、三留の各々の氏名が記されています。墓建立の施主であったのでしょう。 さらに、この安楽寺への石段の下に、屋根付きの所に「六地蔵」が祀られています。上・下三体ずつ、いずれも袖なしの羽織を着ています。     (つづく)
 

三浦版のコラム最新6

世界一の素敵親子をめざして

連載25

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

2月19日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

2月19日号

第16回 美しい花「スイセン」には毒がある

三浦半島 草花歳時記

第16回 美しい花「スイセン」には毒がある

文・写真 金子昇

2月5日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

1月22日号

世界一の素敵親子をめざして

連載24

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

1月22日号

第15回 七草粥を代表する「ナズナ」

三浦半島 草花歳時記

第15回 七草粥を代表する「ナズナ」

文・写真 金子昇

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク