三浦版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

連載5 世界一の素敵親子をめざして 文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena

 今年の新緑の美しい季節は、令和という時代を迎えました。皆様は新たな時代にどのような想いを寄せられていますか。首相談話には「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、令和に決定しました」とあります。

 さて、子ども達が人生の厳しい寒さを乗り越えるためには何が大切か考えたことはありますか。先日、企業にて育児休業明け職員向けセミナーを担当しました。「前向き子育ての力」というテーマで、子どもと前向きに関わる事の大切さをお話ししました。その中に「子どもの良いところに注目する」という内容があります。親であれば皆、我が子の良いところは照れながらも言えるものです。

 でも、その前に理解しておきたい事があります。それは「自分(親自身)の良いところを知ること」です。参加者の方に「自分の良いところは?」と尋ねると、部屋中が静まり返り、次の瞬間ため息をつき下を向く人、天井を見ながら真剣に考え始める姿が見られました。この光景は、今回のセミナーに限らずどこの会場でも見受けられます。

 私たちは、日頃苦手なことに目を向け、苦手意識を持ちながら上達する方向に焦点を合わせ頑張る傾向があります。苦手なことを努力し、克服した時の達成感は素晴らしいものですが、苦手なこと全てを克服することは出来ず、常に苦手意識と闘っているのが現実です。同様に長所短所も自分の短所ばかりに目を向け過ぎ、長所に目を向けなくなります。自分の長所を知ることは、自分の強みが分かることです。長所は誰もが持っているもの。人から言われて気がつく長所もありますが、大人は自分の良い所は自分で分かりたいものです。

 家庭内でも日頃から家族がそれぞれの良い所を言葉に出して認め合うことは、子どもが困難なことを乗り越える力になります。令和時代は、私達一人一人の長所がいかされ、一人一人の花が確実に咲く時代であって欲しいです。    (つづく)

三浦版のコラム最新6

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第42回「海南神社のこと【7】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

7月12日号

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

文・日下部順治、吉本尚その24 番外編【1】

7月12日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

6月28日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第42回「海南神社のこと【6】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

6月28日号

世界一の素敵親子をめざして

連載6

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

6月28日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第41回「海南神社のこと【5】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

6月14日号

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

文・日下部順治その23 夫妻の最期と、長女みかさん

6月14日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク