三浦版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

連載 第47回「歌舞島のこと【2】」 三浦の咄(はなし)いろいろ みうら観光ボランティアガイド 田中健介

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena
埋立地の向こうの落日
埋立地の向こうの落日

 『北条九代記』(二巻、成立年代は不詳ですが、1183年〜1332年〈寿永二年〜正慶元年〉)は、鎌倉幕府の補任や年中行事を中心に編年体で記されているもの。と『日本史辞典』に書かれています。その巻六に「三浦義村経営弥陀来迎粧」と標題されて記されています。前号と重(かさ)なる部分がありましょうが、その情景を詠んでみましよう。

 「三崎ノ海上二十余艘(よそう)ノ舟ヲ浮ベ、舟の幕ニハ紫雲ノタナビケル色ヲ染(そめ)テ、舟ゴトニ走ラカシ、金銀ノ金物五色ノ綵(あや)(色どりの意)サナガラ舟ハ七宝荘厳ノアリサマ。見ナガラ極楽世界モココニ移スカト。(中略)沈檀名香ノ匂ヒ浜風ニ乗テ、四方ニ聞エ、異香薫(くん)ズトハ、コレナルベシ。十余艘来迎ノ舟ハ、沖中(おきなか)ヨリ漕(こぎ)ヨスル管弦(かんげん)ノヒビキ漸々(だんだん)近クナリオリフシ、空晴風静カニ波モナキ海ノ面ニ漕居タリ、(中略)内々(ないない)仕立テ定メタリシカバ、ソノ役々ノ輩(やから)、菩薩ノ姿ニ出立(いでた)ツ、観世音ボサツ紫金台ヲサシ寄セテ舟ノ面(おもて)ニ現(あら)ハレタリ。舟ハ二階ニ拵(こしら)へ、幕ハ下ニ張(はり)タレバ紫雲ノ上ニ立(たつ)ガゴトツ。ソノ次ニ勢至(せいし)ボサシ合掌シテ現(あらわ)レタリ、また、中央ニ阿弥陀(あみだ)如来(にょらい)ノ立チ給フ紫(し)麿(ま)黄金ノヨソヲヒハ瑩(みがき)キ出セル金ノ山アタリヲハラッテ見(みき)給フ。(中略)只今(ただいま)、西方ノ極楽へ迎ヘトラルル心地(ここち)シテ見物ノ諸人ハ随喜(ずいき)ノ涙ヲ流シケリ(後略)」と、記され、三崎の海上は聖衆来迎の法悦をありありと表出したのです。

 昔は「かぶと島」とも呼ばれていた「歌舞島」の直前まで海があって、傍らを通る「関東ふれあいの道」も海上であったのです。

 昭和25年版『三崎町勢要覧』を見ると、当時の「三崎八景」として、「小網代湾」、「油壷湾」、「宝蔵山の展望」、「漁港風景」、「八景原」、「灯台と荒磯」、「安房崎の大観」とある中に、「歌舞島」もあって、「諸磯岬につづく無数の乱礁に砕く白波、相模湾を距(へだ)てて望む霊峰富士、往時頼朝遊覧の砌(みぎり)(とき)歌舞を奏せしに因(ちな)める名称とも云ばれ、近く展望台地の公園緑化が計画されてゐる。」と書かれています。

 また、この地へ、北原白秋も明治四十三(1910)年五月五日に来崎され、岬陽館に宿泊し、この歌舞島を訪れ、次のように歌を詠じています。

 「いつしかに春の名残(なごり)となりにけり昆布干場のたんぽぽの花」

 「鉋研(かんなと)ぐ浜の大工の指のさきしみみ光れり漣(さざなみ)に向き」

 「野薊(のあざみ)に触れば指やや痛し潮見てあればすこし眠たし」

 このように、海辺も近くにあったようですが、現在では埋立地が多く、海は遠くになったようです。

(つづく)

三浦版のコラム最新6

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

文・日下部順治、吉本尚その27 番外編【4】

10月4日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第48回「見桃寺のこと【1】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

10月4日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

9月20日号

世界一の素敵親子をめざして

連載8

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

9月20日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第46回「歌舞島のこと」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

9月6日号

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

文・日下部順治、吉本尚その26 番外編【3】

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月4日号

お問い合わせ

外部リンク