三浦版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

連載 第57回「油壺のこと【1】」 三浦の咄(はなし)いろいろ みうら観光ボランティアガイド 田中健介

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena

 小網代に渡った眉山は冬の寒さに耐えられず、酒を求めて油壷の地をめぐるのであります。

 「いと寒ければ、酒ある家に就(つ)きて、手に一升を提(さ)げて、荒井(新井)の城址を尋ねつつ行く。歩武(ほぶ)(足どり)数百(すうひゃく)、麦(むぎ)作り菜(な)作る方を過ぎて、松林の中に入る。ここに荒次郎の墓あり。太龍院殿云々(うんぬん)と言ふ。嗚呼(ああ)半生の勇士、其名(そのな)は八洲(やしま)(日本国の異名)に震(ふる)ひ、其(その)力は万夫(ばんぷ)(多くの武士)に当りけるが、徑(みち)は荊棘(けいきょく)(国難なたとえ)に乱れて松籟(松にふく風の音)ただ昔の夢を吹く。うら淋(さび)しき塚の主や。いにし(昔)永正十三年(1516年)なりけむ。油壷の波を紅(くれない)にしける御身(おんみ)が末路(まつろ)(一生の終わり)も亦(また)悲しかりき。時を隔(へだ)つること四百歳(さい)、ここに来(きた)つて御身(おんみ)を弔(とむら)ふ、契(ちぎり)(定められた運命)浅(あさ)しとせむや。と花は無ければ、路傍(ろぼう)(道ばた)の枝を折り掛(か)けて、一傾の酒を属(ぞく)して(かけて)出づ。」と記しています。

 その名を八州に知られたとありますが、この場合は「関東の八州で、相模はもとより、武蔵(現東京都と一部埼玉県)、安房(あわ)、上総(かずさ)、下総(しもうさ)、(現千葉県)、常陸(ひたち)(現茨城県)、下野(しもつけ)(現栃木県)、上野(こうずけ)(現群馬県)のことではないでしょうか。

 その勇士「三浦荒次郎義意(よしもと)の勇猛果敢(ゆうもうかかん)な様子を『北条五代記』に記されている様子を見てみましょう。 

 「道寸の子息荒治郎は八十五人力(りき)と聞(きこ)えたる若武者、身の丈(たけ)七尺五寸(約2m25cm)髭(ひげ)黒く筋骨太く、逞(たくま)しき。その出立厚(いでたちあつ)さ二分(にぶ)(約6ミリ)に鍛(きた)えたる鉄の鎧(よろい)を着て竜頭の甲(かぶと)、月毛(つきげ)(白い毛に黒茶などまじり、やゝ赤みがかった毛色)の駒(こま)にふくりん(へりを金銀などで飾った)の鞍置(くらおき)て、ゆらりと打ち乗り、家に伝(つたわ)る五尺八寸(約1・7m)正宗(まさむね)の刀を抜きかざし寄手の真中へ、わめいて駆け入り、敵を選(え)らばず駆け廻(まわ)る。此の勢(いきお)に寄手(よせて)の軍勢二町(約218m)ばかりも引き退(しりぞ)く。」と書かれています。

 勇猛果敢な荒治郎でありましたが、このときには、手負いや死人が道路に満ちて、新井城の内でも、差しちがいや自害をする者がでてきます。城主である三浦道寸も辞世の和歌を一首詠じた後(のち)、切腹をして果てたのです。荒治郎は父道寸の介借(かいしゃく)をし、『やがて追いつき奉(たてまつ)らん』と言って、唯一人(ただひとり)歩いて、一丈二尺(3・6m)の棒を八角に削って筋金(すじがね)を渡したものを引提(ひきさげ)て城門を出て、一振(ひとふり)にて五人八人を倒し、やがて、城に帰り、自ら首をかき落として死んだと言われています。しかし、その首は小田原(敵方北条氏の城下)へ飛んで行き、北条家の松の枝に掛かり、昼夜にらみつづけていたと言われています。

(つづく)
 

三浦版のコラム最新6

第7回 竈(かまど)の神も嫌う「トベラ」

三浦半島 草花歳時記

第7回 竈(かまど)の神も嫌う「トベラ」

文・写真 金子昇

5月15日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

4月17日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第58回「油壺のこと【2】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

4月17日号

世界一の素敵親子をめざして

連載15

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

4月17日号

第6回  「椿」(ツバキ)は和製漢字

三浦半島 草花歳時記

第6回 「椿」(ツバキ)は和製漢字

文・写真 金子昇

4月3日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第57回「油壺のこと【1】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク