三浦版 掲載号:2020年7月10日号 エリアトップへ

三浦半島 草花歳時記 第9回 原始的な樹木「マテバシイ」 文・写真 金子昇

掲載号:2020年7月10日号

  • LINE
  • hatena

 街路樹で常緑樹の「マテバシイ」が、あちこちに植えられています。本来この周辺では自生していない樹木ですが、三浦半島の山間部には多く見ることができます。

 名の由来は、葉の形がマテガイに似ているためといわれています。また果実(ドングリ)は、日陰干しして待てば渋みが取れるからという説もありますが定かではありません。材は塩害・公害・風害に強いので、漁具やノリヒビ等に利用されています。

 マテバシイの花は花弁がなく、花粉は風によって運ばれる原始的な植物といえます。雄花と雌花は離れて咲く雌雄同株で、雄花の集まりは今年伸びた枝の上方に、雌花はその下方につきます。雌花は受粉した翌年にドングリができますが、受精しなかった雌花は小さいままで、ドングリにはなりません(未成熟)。ドングリがついている枝(2年目の枝)を見ると、成熟したドングリと未成熟のもの両方が見られます。

 マテバシイの枝葉の部分は良く繁っているため隙間がなく、上空から見ると林内が見通せません。南房総のあるマテバシイ林では、戦時中戦車の格納庫代わりに利用されていたといいます。
 

三浦版のコラム最新6

思い出や学び、忘れないで

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

思い出や学び、忘れないで

中井武さん(マリンパーク館長)

9月24日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

9月24日号

世界一の素敵親子をめざして

連載31

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

9月24日号

ともに歩んだ53年に感謝

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

ともに歩んだ53年に感謝

三上成次さん(マリンパークスタッフ)

9月10日号

第23回 白髪の種に変わる「センニンソウ」

三浦半島 草花歳時記

第23回 白髪の種に変わる「センニンソウ」

文・写真 金子昇

9月10日号

息子と愛犬と一緒に楽しんだ

“わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

息子と愛犬と一緒に楽しんだ

衆議院議員・環境大臣 小泉進次郎さん

8月27日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook