三浦版 掲載号:2021年2月5日号 エリアトップへ

三浦半島 草花歳時記 第16回 美しい花「スイセン」には毒がある 文・写真 金子昇

掲載号:2021年2月5日号

  • LINE
  • hatena

 今頃城ヶ島公園の「スイセン」は、最盛期を迎えていることでしょう。同園の「スイセン」は主に八重咲水仙で、花弁状のものが多数あります。この花弁状を「花被片」(かひへん)といい、花弁と萼片をまとめたものを指します。一重咲きは花被片が6枚で、花の中央には黄色の杯状をしたもの(副花冠―花被片が変化したもの)が目立ちます。

 スイセンは地中海沿岸原産の「フサザキズイセン」から改良された種類が世界各国に広がり、日本へはシルクロードを経て、大陸から球根が海流に乗り漂着したといわれています。そのため日本で見られる群生地が、房総半島・伊豆半島・淡路島・越前海岸等の黒潮の通り路の海岸に集中しています。

 名の由来は水辺に咲く様子が、「水の仙人」のように美しいのでつけられました。漢名の「水仙華」から和名「雪中華」としましたが、現在では単に「水仙」で呼ばれています。全草有毒で、特に球根は強い毒を持っており、葉や茎の切り口から出る液はかぶれることがあるので、扱いには十分留意してください。
 

三浦版のコラム最新6

第18回 パイオニア精神の「ハマヒルガオ」

三浦半島 草花歳時記

第18回 パイオニア精神の「ハマヒルガオ」

文・写真 金子昇

4月2日号

世界一の素敵親子をめざして

連載26

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

3月19日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

3月19日号

第17回 草餅に使う「ハハコグサ」

三浦半島 草花歳時記

第17回 草餅に使う「ハハコグサ」

文・写真 金子昇

3月5日号

世界一の素敵親子をめざして

連載25

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

2月19日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter