三浦版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載 ともに歩んだ53年に感謝 三上成次さん(マリンパークスタッフ)

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena
思い出を振り返る三上さん
思い出を振り返る三上さん

最後の日まで見届けたい

 1968(昭和43)年3月16日、開業に先駆けた社員募集で、水産高校の生徒を積極採用していたことが縁となり、県立三崎水産高校卒業後に入社しました。

 最初に配属された魚類飼育は約10年。魚の習性をショーとして見せる展示方法は、今も受け継がれています。ある日、昭和天皇がご来館された際もショーを担当し、ご観覧いただいたことを思い出します。

 その後、屋内大海洋劇場ファンタジアムのオープンを前に海獣飼育へ替わり、初めてイルカを調教しました。当初は小網代の海でトレーニングしていたこともあり、雨風が強い日はウエットスーツを着て沖に向かったりと、とにかく根気が要りましたね。

 営業職を経験したのち、再びイルカの担当になり、後進の育成にも携わりました。近年は女性のトレーナーが多いですが、昔の水族館の仕事は男の仕事でしたから、ずいぶん変わりました。

 生き物の命を扱うことの責任の大きさなどを感じて、辞めたいと思うこともありましたよ。でも、今でこそ「やって良かった」と思っています。定年退職した今も週5日、お世話になっているくらいですから。最後の日まで見届けます。

◇  ◇  ◇

 油壺マリンパークは青々とした広い芝生広場と豊かな緑、海を臨み、富士山を眺望するいい水族館です。

 私は小網代区の区長も務めており、地元住民の1人としても閉館はショックでとても寂しいですが、19歳から72歳まで、53年間という長い間お世話になり、自分のやりたいことができたことに、感謝の言葉を伝えたいです。

このコーナーは、今年9月末で閉館する京急油壺マリンパークの思い出を、ゆかりある方々に振り返ってもらう特別企画です。
 

多くの家族連れに親しまれた広場
多くの家族連れに親しまれた広場

三浦版のコラム最新6

世界一の素敵親子をめざして

連載32

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

10月22日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

10月22日号

第24回 海岸型の「マルバアキグミ」

三浦半島 草花歳時記

第24回 海岸型の「マルバアキグミ」

文・写真 金子昇

10月8日号

思い出や学び、忘れないで

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

思い出や学び、忘れないで

中井武さん(マリンパーク館長)

9月24日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

9月24日号

世界一の素敵親子をめざして

連載31

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook