三浦版 掲載号:2021年11月5日号 エリアトップへ

三浦半島 草花歳時記 第25回 「カラスザンショウ」の見どころ 文・写真 金子昇

掲載号:2021年11月5日号

  • LINE
  • hatena

 周辺の山林には、高さ10m以上もある「カラスザンショウ」(雌雄異株)がよく見られます。この時期、雌株には球形状で紅紫色の果実をたくさんつけています。以下、ぜひ観察していただきたい見どころを3つ取り上げました。

1.樹皮には非常に鋭い棘があること(棘に十分注意してください)

2.樹形は盃状または傘状(枝を水平に大きく広げ、樹冠の上部は平たくなり、日光が十分受けられるように生育した陽樹の大きな特徴)であること

3.落葉樹のため葉が落ちると、葉柄と枝との接点の模様(葉痕)がサル(またはヒツジ)のような顔に見えること

 葉痕(葉柄が落ちた痕跡)は、落葉樹が冬を迎えると樹種によって、いろいろな顔や形に見えるので、冬の楽しい観察になります。

 他の例を挙げると、フジの枝にはカモメの形、ヤマグワは子供の顔、ニセアカシアはコウモリの姿とイメージされます。

(注)動物の目・耳・口のように見える部分は、水分や養分の通り道です。

三浦版のコラム最新6

世界一の素敵親子をめざして

連載34

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

1月21日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

1月21日号

第27回 枝に餅を刺して祝う「ミズキ」

三浦半島 草花歳時記

第27回 枝に餅を刺して祝う「ミズキ」

文・写真 金子昇

1月7日号

特別編 「カキ」を供えた鏡餅

三浦半島 草花歳時記

特別編 「カキ」を供えた鏡餅

文・写真 金子昇

1月1日号

世界一の素敵親子をめざして

連載33

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

12月17日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

12月17日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook