三浦版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

三浦半島 草花歳時記 特別編 「カキ」を供えた鏡餅 文・写真 金子昇

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 正月に関係のある植物を挙げると、松竹梅を始めダイダイ、マンリョウ、センリョウ等多くありますが、その中でもあまり知られていない植物に、鏡餅に添える「カキ」(柿)があります。一般に鏡餅は下からウラジロ、ユズリハ(2枚の葉を八の字に置く)、鏡餅(大小2個)、ダイダイの順に供えます。地方によっては伊勢海老、コンブ、ホンダワラ(穂俵の意)を加えることもあります。

 鏡餅の由来は、年神様に食べていただくために供え、鏡に見立てています。年神様がお帰りになられた後、餅を砕いて年神の魂として皆に配ります。ここから「歳玉(としだま)」(お年玉)が始まりました。

 今回は柿を鏡餅に飾るお話をします。柿は「嘉来(かき)」(喜びが来る)に繋がるとして取り上げられ、10個の干し柿を左右に2個ずつ、中央に6個を横に並べて飾ります。これは「代々(ダイダイ)夫婦(2個ずつ)仲睦まじく(中央に6個)」と、願い拝することから来ています。

 また柿は「木まもり(守り)」といい、昔から木の上に1個残して、感謝と来年の豊作祈願としてきました。

 そして小正月(1月15日)には、「成木責め」(なるきぜめ)といって果樹(主に柿)の幹に傷をつけ、「なるかならぬか、ならにゃ鎌を持ってぶち切るぞ」といい、来年の豊作を祈願します。昔話「猿蟹合戦」の「早く実が成れ、成らぬとちょん切るぞ」も「成木責め」から来たと思われます。

三浦版のコラム最新6

第31回 境界木に使う「マルバウツギ」

三浦半島 草花歳時記

第31回 境界木に使う「マルバウツギ」

文・写真 金子昇

5月13日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

4月15日号

第30回「タブノキ」は花芽と葉芽が一つの芽

三浦半島 草花歳時記

第30回「タブノキ」は花芽と葉芽が一つの芽

文・写真 金子昇

4月1日号

世界一の素敵親子をめざして

連載36・最終回

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

3月18日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

3月18日号

第29回 古い起源を持つ「アケビ」

三浦半島 草花歳時記

第29回 古い起源を持つ「アケビ」

文・写真 金子昇

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook