三浦版 掲載号:2022年4月1日号 エリアトップへ

三浦半島 草花歳時記 第30回「タブノキ」は花芽と葉芽が一つの芽 文・写真 金子昇

掲載号:2022年4月1日号

  • LINE
  • hatena

 私たちの祖先が住み着く前の三浦半島は、「タブノキ」を始めスダジイ、シラカシ等の常緑性高木の自然林でした。タブノキは谷筋に多く生育し、今でもその子孫がわずかに生存しています。

 一般に春開花する樹木の芽は、花が開く芽(花芽)と葉が開く芽(葉芽)が別々についていますが、タブノキは混芽(こんが)といって花芽と葉芽が一つの芽の中にあり、そのため大きく膨らんでいます。

 別名「タモノキ」、その語源は古くから樹霊信仰の対象とされた樹木のため、「霊(たま)の木」から転じ、さらにタモノキからタブノキへとなりました。周辺での地方名は、三浦半島では「オーキ」、湘南地方では「しば」、房総半島では「オーイ」と呼ばれていたようです。また八丈島では「マダミ」といい、樹皮とツバキの灰汁から黄褐色の黄八丈染めに利用されてきました。

 樹皮や葉は強い粘着物を含んでいるため、乾燥させその粉末をビャクダンやジンコウ等の香料と混ぜて、線香の粘結剤に使われています。

三浦版のコラム最新6

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

6月24日号

第32回 紅葉が美しい「タイトゴメ」

三浦半島 草花歳時記

第32回 紅葉が美しい「タイトゴメ」

文・写真 金子昇

6月10日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

5月27日号

第31回 境界木に使う「マルバウツギ」

三浦半島 草花歳時記

第31回 境界木に使う「マルバウツギ」

文・写真 金子昇

5月13日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

4月15日号

第30回「タブノキ」は花芽と葉芽が一つの芽

三浦半島 草花歳時記

第30回「タブノキ」は花芽と葉芽が一つの芽

文・写真 金子昇

4月1日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook