逗子・葉山版 掲載号:2011年6月10日号
  • googleplus
  • LINE

「おいしく育ってね」 里山の会が名越緑地で田植え

会員の手ほどきを受けながら一つずつ苗を植えていった
会員の手ほどきを受けながら一つずつ苗を植えていった

 田んぼやため池、竹林など里山の保全活動を行っている「名越緑地里山の会」(飯河正会長=人物風土記)が3日、逗子市久木の名越緑地で田植えを行った。

 この日は梅雨の晴れ間に恵まれ、同会会員のほか池子小学校5年生の児童43人も総合学習の一環として参加。「指でつまんで2、3センチ沈めて」と会員からの手ほどきを受けながら、子どもたちは裸足で一つひとつ苗を植えていった。児童らが田植えをしたのはおよそ10平方メートルの「2号田んぼ」。水遣りなどは会員が交代で行い、秋には稲刈り体験が行われる。参加した児童のひとりは「おじさんが『美味しいオニギリができるよ』って。食べるのが楽しみ」と笑顔を見せていた。飯河会長は「こうした体験を通じて、食べ物や農業の大切さを知ってもらえれば」と話した。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク