逗子・葉山版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

ずし中高生ディベート大会 主張や反論、堂々熱弁 中学の部で沼間中が3連覇

教育

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena
肯定、否定の立場で言葉のバトルを繰り広げた(=24日、逗子市役所)
肯定、否定の立場で言葉のバトルを繰り広げた(=24日、逗子市役所)

 中高校生らがテーマごとに主張を戦わせる「ずし中高生ディベート大会」が24日、逗子市役所で開かれた。市青少年指導員連絡協議会の主催。20回目の節目となった今回は過去最多の計15チームが参加し、生徒らは言葉による熱いバトルを繰り広げた。中学の部では沼間中学校が3連覇、高校の部では慶應義塾高校が優勝した。

 ディベートは「討論のスポーツ」とも言われ、子どもたちに社会に対する意見表明やコミュニケーション能力を養ってもらおうと毎年開催している。

 テーマは中学の部が「日本は中学生以下の携帯電話の使用を禁止すべきである」、高校の部は「日本は成人年齢を18歳に引き下げるべきである」。試合はそれぞれ「肯定」「否定」の立場で相手と論戦を交わし、3人の審査員が「主張に論理性がある」「聞き取りやすさやチームワークがある」など基準に70点満点で採点、票数で勝敗を競った。

 計12チームが参加した中学の部はトーナメントで、決勝では昨年連覇した沼間中学校と初参加の聖和学院中学校が対戦。携帯電話の使用と学力の相関関係や情報化社会における役割、いじめなどのネットトラブル、緊急時の通信手段などについて事前に調べたデータに基づいて持論を展開。3分間ずつ計2回与えられた作戦タイムを活用しながら反論や主張をした。

 熱戦の結果、3-0で沼間中学校が優勝。メンバーは結果が告げられると歓声をあげて喜び、チームキャプテンの松岡佳穂さん(2年)は「ディベーターとして参加するのは初めてでとても緊張したけど、優勝できて嬉しい」と笑顔を見せた。準優勝は聖和学院中学校、3位は逗子中学校と続いた。NPO法人全国教室ディベート連盟理事で審査委員長を務めた神永誠さんは講評で「大人も真剣に引き込まれる議論だった。資料に頼らず、自分の言葉で説明できていた点も素晴らしい」と話した。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

下田市と友好都市協定

葉山町

下田市と友好都市協定 社会

御用邸を縁に連携強化

1月21日号

3回目接種前倒し

逗子市葉山町

3回目接種前倒し 社会

無料バスも運行

1月21日号

空き家バンク活性化へ

空き家バンク活性化へ 社会

助成事業受付3月末まで

1月7日号

植物との暮らし後世に

植物との暮らし後世に 文化

(一社)はっぷが書籍刊行

1月7日号

「対話通じ諸課題に着手」

「対話通じ諸課題に着手」 政治

3期目折り返しの年 抱負語る

1月1日号

いざ、「鎌倉殿の13人」

大河ドラマ特別インタビュー

いざ、「鎌倉殿の13人」 文化

出演・中村獅童さん語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook