逗子・葉山版 掲載号:2017年12月1日号 エリアトップへ

一色在住小林さん 激流下りで世界一 40歳以上男子チームで

スポーツ

掲載号:2017年12月1日号

  • LINE
  • hatena
チームメンバーと激流を下る小林さん(写真中央)=写真は小林さん提供=
チームメンバーと激流を下る小林さん(写真中央)=写真は小林さん提供=

 急流や激流をゴムボートで下るラフティングの世界選手権が10月、吉野川流域(徳島県三好市など)で開かれ、葉山町一色在住の小林靖央さん(40)が参加したチーム「R6Masters」が40歳以上のマスターズ男子で優勝に輝いた。実業団で選手生活を送っていた小林さんも世界大会Vは初。20日、町役場で山梨崇仁町長に結果を報告し、喜びを語った。

 男子マスターズは6人制で計10カ国が参加。約8Kmの長距離を下る「ダウンリバー」や、時に流れに逆らいながら順にゲートをくぐる「スラローム」など4種目で合計得点を競う。

 小林さんは北海道帯広市の出身。大学卒業後、ネイチャーガイドの仕事に就いたのを機にラフティングを始めた。「自然の中に飛び込める、非日常的な感覚が楽しくて」。2009年までは平塚市の実業団に5年間所属。日本代表選手として世界を転戦し、07年韓国では3位、09年ボスニア大会では準優勝に貢献した。現役生活に一区切りつけた現在も、週末を中心に葉山の海でアウトリガーカヌーなどのマリンスポーツに親しんでいる。

 今大会で任されたのは、スタートの要となる先頭。メンバーが全国に散っていたことから練習不足を補うため身体を鍛え直し、映像を見ながらイメージトレーニングをするなど個人練習を重ねた。「正直不安もあった」が、大会ではチーム力を生かして全種目首位と他を圧倒。「自然体でレースに臨めたことが結果に結びついた」と振り返る。

 現役時代は手が届かなかった「世界一」の称号。「少し複雑な気持ちもあるが、家族に金メダルを見せることができたのは嬉しい」と喜びをかみ締める。今後に向けては競技の普及に加え「葉山は自然豊か。マリンスポーツに限らず、自然の中で遊ぶことの楽しさを伝えていけたら」と話した。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

写真同好会が全国へ

逗葉高校

写真同好会が全国へ 教育

廃止寸前 活動2カ月で快挙

6月24日号

ALS発病機に財団設立へ

逗子市在住畠中さん

ALS発病機に財団設立へ 社会

豊かな人生 後押し目指す

6月24日号

多様性の尊重 明文化

逗子市

多様性の尊重 明文化 社会

推進条例を制定へ

6月10日号

産官民協働で環境対策

葉山町

産官民協働で環境対策 社会

エシカルアクション始動

6月10日号

ブルーフラッグ取得

逗子海水浴場

ブルーフラッグ取得 社会

厳しい基準クリア 国内6番目

5月27日号

週末にキッチンカー出店

南郷上ノ山公園

週末にキッチンカー出店 社会

魅力向上めざし社会実験

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook