逗子・葉山版 掲載号:2018年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

英セーリングチーム 葉山での合宿協定延長 東京五輪まで毎年練習

スポーツ

(右から)協定書を持つ山梨町長、マークさん、喜田会長
(右から)協定書を持つ山梨町長、マークさん、喜田会長
 世界最強とも称される英国王立ヨット協会が、東京五輪に向けた事前キャンプを2020年まで毎年、葉山町で行うことが決まった。町は「全力でサポートしていきたい」としている。

 英国王立ヨット協会と葉山町、大同生命保険株式会社の3者は昨夏に協定を結び、チームは堀内にある大同生命保険葉山セミナーハウスに宿泊しながらキャンプを行った。

 その実績をふまえ、4月27日付けで改めて協定を結び、5月17日には町役場で懇談が行われた。

 当日は山梨崇仁町長と英国王立ヨット協会五輪パフォーマンスマネージャーのマーク・ロビンソンさん、宿泊施設を提供する大同生命保険株式会社の喜田哲弘会長が出席。マークさんは「宿泊施設は素晴らしく、町民の方も温かく受け入れていただき良い練習ができた」と話した。

 セミナーハウスは1995年に竣工し、同社社員の研修の場として利用されてきた。例年、夏に繁忙期を迎えるが、喜田会長は「こうした機会に地域貢献ができれば。英国チームには最高のパフォーマンスを期待しています」と今後3年間にわたって受け入れを決定した理由を説明。また、自身もセーリングの経験があり「海やヨットの楽しさをこの機会に広めてほしい」と期待を込めた。

 今年は8月15日から9月30日までの日程でキャンプを行う予定で、選手やスタッフ約70人が葉山町に滞在する。

 8月25日(土)には、葉山ヨットフェスが企画されており、同チームや街のジュニアヨットスクールの生徒、山梨町長が出場する模擬レースなどを行い、交流を深めるという。

 山梨町長は「ヨット発祥の地で世界最強の英国チームをお迎えすることができて嬉しい。ぜひ活躍していただき、町民に元気や希望を届けてほしい」とエールを送った。

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

草津町との友好 節目祝う

葉山町

草津町との友好 節目祝う

8月3日号

逗子マリーナで事前キャンプ

セーリングスペイン代表

逗子マリーナで事前キャンプ

8月3日号

解体後、有料老人ホームに

葉山研修センター

解体後、有料老人ホームに

7月20日号

市民主導で企画・開催へ

逗子アートフェスティバル

市民主導で企画・開催へ

7月20日号

ドローン活用へ協定締結

葉山町

ドローン活用へ協定締結

7月6日号

長島さんが写真集発売

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月3日号

お問い合わせ

外部リンク