逗子・葉山版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

亀岡八幡宮 歴史と人びと〈第2回〉 応神天皇と獅子頭

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena
社殿を見上げるとある獅子頭
社殿を見上げるとある獅子頭

 逗子市の中心部に位置し、市民の憩いの場としても親しまれている亀岡(かめがおか)八幡宮は2019年4月、改築から100周年を迎えます。このコラムでは、氏子会の皆さんのご協力のもと、その歴史や関わる人々を紹介します。

 亀岡神社の歴史については、はっきりわからないことが多い。それは、神社の資料を保管していた延命寺が明治29(1896)年に起きた大火災で鐘楼を除いて焼失し、資料も失われてしまったからだ。

 こうしたなか、社務所の奥に眠っていた縁起書を見つけたのは約20年前のこと。

 そこには亀岡八幡宮は第15代応神天皇をお祀りしているとある。応神天皇は誉田別尊(ほんだわけのみこと)とも呼ばれ、「八幡さま」として広く親しまれており、「文武の神」としても知られる。大分県にある宇佐八幡宮を総本社とし、分社は全国に2万あまりにのぼるという。近隣では鶴岡八幡宮が有名だ。

 その一つである亀岡八幡宮の特徴として獅子頭があげられる。その数19体。正面向拝の柱に設置されているのは、他の神社でも見られるが、社殿を取り囲むように軒まわりの柱にも設置されている八幡社は県内でも珍しい。正面向拝柱の2体を除いた17体には、腹に奉納した世話人の名前が彫られている。    (続)
 

逗子・葉山版のコラム最新6

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

オーロラの色

4月3日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

オーロラの色

3月20日号

命ささげた二人の明治の男たち

有料名越トンネル【9】 ちょっと昔の逗子

命ささげた二人の明治の男たち

野村昇司

3月6日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

暦(れき) 要綱

2月21日号

逗子の景観まちづくり瓦版 第二十四号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク