逗子・葉山版 掲載号:2018年12月14日号
  • LINE
  • hatena

亀岡八幡宮 歴史と人びと〈第8回〉 初詣と守り亀

時間を見つけては制作に勤しむ諸星さん
時間を見つけては制作に勤しむ諸星さん
  亀岡(かめがおか)八幡宮は2019年4月、社殿の改築から100周年を迎えます。このコラムでは、氏子会の皆さんのご協力のもと、その歴史や関わる人々を紹介します。

 亀岡八幡宮では、12月25日から社務所を開き、30日までお札を売る。大晦日の23時頃からは、「2年参り」をしようと、多くの人が集まり始める。

 元旦から販売するお守りのなかでも人気なのは「守り亀」。これは、亀岡八幡宮囃子保存会の前会長で、諸星畳店の諸星賢一さん(80)が手作りし、奉納しているものだ。

 祖父の代から世話人を務めるなど、同宮とのゆかりが深い諸星さん。30年前、畳職人としての技術を生かし、イ草で亀を作ってみようと思ったのがきっかけだったという。

 当初は大小さまざまなサイズを試作。その後、神輿に備え付けられるようになると、縁起物として求める人が続出した。デザインはすべて諸星さんのオリジナルで、ひとつ約2時間かけて編み上げる。しっぽが長いのが特徴で、「子どもが読んでいた浦島太郎の絵本を参考にした」という。

 守り亀は例年、元日のうちに売り切れてしまうが「気が向いた時にしか作れないから、そんなに数ができないんだ。欲しい人は早めに神社に来てください」と笑顔で話していた。

逗子・葉山版のコラム最新6件

祈念祭への準備

亀岡八幡宮 歴史と人びと〈第10回〉

祈念祭への準備

2月22日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

平成最後の節分

亀岡八幡宮 歴史と人びと〈第9回〉

平成最後の節分

2月8日号

星座にまつわるエトセトラ

漁師の息子は漁師【4】

味の素工場移転 創作秘話 ちょっと昔の逗子

漁師の息子は漁師【4】

1月25日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク