逗子・葉山版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

星座にまつわるエトセトラ 「狩人オリオン」

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

 「オリオン座」は冬を代表する星座の一つ。暦の上では春を迎えていますが、まだ20時くらいの南の空に見えます。このオリオン座、実は歴史がすごく古いのです。

 星座のはじまりは諸説ありますが、古代メソポタミア地域に残された楔形粘土板が見つかり、今から約5千年前かそれ以前からあったと考えられています。そこに描かれている星座は、今の私たちが知っているモノとは違うものもたくさんありますが、オリオン座はその特徴的な形から一つの星座として捉えられてきたのです。

 今では、ギリシャ神話に出てくる海の神ポセイドンの息子でイケメン狩人とされていますが、古代エジプトでは「オシリス神」、古代メソポタミアでは「羊飼い」と、いずれも男性の姿で腰の三ツ星はベルトにあたります。時には5千年前の人たちも見ていた星座を見上げてみませんか?
 

逗子・葉山版のコラム最新6

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク