逗子・葉山版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

逗子市空き家バンク 開始2カ月で一定の反応 多様な利活用希望も

政治

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena
「マッチングを目指す」とした桐ケ谷市長
「マッチングを目指す」とした桐ケ谷市長

 逗子市の桐ケ谷覚市長は5日、定例記者会見を開き、今年4月に開設した空き家バンクの運用状況を明らかにした。開始から約2カ月で所有者からの登録は6件。今後さらなる周知を行い、マッチング例の積み上げを目指す。

 空き家バンクとは、空き家や空き宅地の利活用や予防、相談、適正管理を行うとともに、生活環境の向上や人口減少への対策として全国の自治体で設置されている。

 逗子市は今年4月に関係団体と協定を結び、空き家バンクを開設した。不動産の専門家である公益社団法人神奈川県宅地建物取引業協会鎌倉支部だけでなく、法務関係のプロである神奈川県行政書士会鎌倉支部も参加したのが特徴で、行政書士の幅広い分野における高い専門性を生かし、スピーディーな課題解決につなげたい考え。

 市は4月26日付で送付した納税通知書に開設の案内を同封し逗子市外に住む所有者にも直接周知する工夫をした。

 6月11日現在、所有者からの登録は6件で、そのうち1件は現在、市ホームページで公開されている。他の物件に関しても、市は手続きが終わり次第、随時アップしていくという。

 また、利活用希望者の登録は17件にのぼる。住居や飲食店、シングルマザー向けシェアハウス、保育施設や自主保育の活動拠点などその内容は多岐にわたり、様々なニーズがあることをうかがわせる。申請のあった物件のうち、2件を実際に現地で確認したという桐ケ谷市長は「制度はまだスタートしたばかりだが、一定の反応をいただいている。近いうちに、うまくマッチングできた例を紹介できれば」と期待を込めた。

 制度に関する問い合わせは環境都市部まちづくり景観課【電話】046・872・8124へ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

「五輪契機に英語話そう」

町在住大山さん

「五輪契機に英語話そう」 教育

オリジナル教本 町に寄贈

8月23日号

保育士確保、待ったなし

逗子市

保育士確保、待ったなし 教育

市役所で説明会初開催

8月23日号

ホテル含む複合施設に

アサヒビール研修施設

ホテル含む複合施設に 経済

有料老人ホームも開業予定

8月9日号

初の全国大会で快挙

逗子開成高校演劇部

初の全国大会で快挙 教育

2100校の頂点に

8月9日号

今年は英国代表チーム応援

サマーフェスタ

今年は英国代表チーム応援 文化

限定グッズも登場

7月26日号

シェアサイクルの運用開始

逗子市

シェアサイクルの運用開始 経済

今年12月まで実証実験

7月26日号

日本初「脱プラ」ビーチに

森戸海岸

日本初「脱プラ」ビーチに 社会

海の家で代替品使用

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク