逗子・葉山版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

逗子の景観まちづくり瓦版 第一号

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena
「勇壮な松並の路地」 永橋 爲成
「勇壮な松並の路地」 永橋 爲成

町並は松並及川洋一

 半世紀前の逗子海岸周辺には、十メートルを超す雄大な松の群生があちこちにあった。あまり手入れをしているとは思えない防風林の松である。その後開発が進み、雄姿はほとんど見られなくなった。

 景観とは、人の視覚に訴えるところが多いと思うが、五感で感じる景観はもっといい。

 勇壮な松林や松並木を見る。風が自然のリズムで身体に当たる。枝々が揺れ、ハモって音を為す。松籟(しょうらい)である。

 潮の薫りが枝を伝わって鼻を突く。台風の前後の風の強い日などは、特に風情がある。

 その名残をわずかでも留めている景観が好きである。

 本通りから海岸中央通りへと進み、東郷橋を渡り、右側の袂の細道に入り、開成高校方向に向かう途中の景観。K氏邸と向かいのT氏邸の松がほんのわずかなトンネルを作る。天気のいい日は雀の群れの鳴く声が響く。

 松の下には、潮風から家を護る為に造られたのであろうボサ垣、松を残す為に一部削ったコンクリート塀が在る。屋敷を造った先達の心も伝わってくる。

瓦版第1号平成24年

10月29日発行より転載
 

「東郷橋から見る川辺の松並」永橋 爲成
「東郷橋から見る川辺の松並」永橋 爲成

逗子・葉山版のコラム最新6

トンネルついに完成する

有料名越トンネル【8】 ちょっと昔の逗子

トンネルついに完成する

野村昇司

1月10日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

2020年の天文現象

1月1日号

通行料の徴収に向けて

有料名越トンネル【7】 ちょっと昔の逗子

通行料の徴収に向けて

野村昇司

11月29日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

南極老人星

11月29日号

逗子の景観まちづくり瓦版 第二十号

星座にまつわるエトセトラ ノーベル物理学賞

逗子の景観まちづくり瓦版 第六号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月10日号

お問い合わせ

外部リンク