逗子・葉山版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

星座にまつわるエトセトラ 夏に見る冬の星座

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena

 「春の星座」とか「夏の星座」という言い方を良くします。これはその季節の宵の空に見られる星座ということです。ですから、一晩中夜空を眺めていると他の季節の星座も見ることができます。

 先日、ペルセウス座流星群のピークの日、3時に起き出して星を見ていました。雨上がりでまだ雲がまばらにあり、その隙間からいくつかの星が見えていました。すると、東の空にぎょしゃ座の一等星「カペラ」が見えました。「カペラ」は、冬のダイアモンドを作る星の中で最初に昇ってきます。カペラから視線を右に移すと、おうし座の「アルデバラン」が。ということはその少し上には「すばる」が…ありました!しばらく眺めていると、いよいよオリオン座の登場です。東の空から横になって昇ってきます。

 夏の明け方は、冬の星座たちが静かに姿を現しているのです。ぜひ見てください。
 

逗子・葉山版のコラム最新6

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月29日号

お問い合わせ

外部リンク