逗子・葉山版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

逗子の景観まちづくり瓦版 第二十号

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena
「小坪港 1984年」
「小坪港 1984年」

手を動かして風景を見つめる文・絵 永橋 爲成

 二十九年前、三カ月仕事を休んで、逗子でぶらぶらすることで療養したことがある。

 スケッチブックを手にして、逗子四丁目の家から田越川沿いになぎさ橋に出て海岸をゆっくり往復するのを日課とした。葉山港まで足を伸ばし、バスで小坪港に出かけて歩けるまでになった。

 散歩の途中、ここはと感じた所でよく腰をおろしてスケッチブックを広げて鉛筆を走らせた。

 逗子は三方が緑深い丘陵に囲まれ、西に開いた富士山が望める海とまちを蛇行して流れる川がある、散歩して心身が休まるところが多いまちと思ってきた。それから二十九年、逗子のまちも景観の変化が激しく、スケッチした場所も変わってしまった所が多いのに淋しさを覚える。

 しかし、路地裏や谷戸を歩くと、家の大小にかわらず、庭を路地に開き、季節を彩る草や樹を添えた素敵なたたずまいを見かける所が多い。

 昔の集落が美しく見えるのは、一軒一軒建てる場合に、その地の風景を感じ、周辺におさまるように、こう建てるべきという意識が強く働いていたことによる。逗子にはこの気持ちで努力されているしつらえに接して嬉しさを覚える。

 この一年間、瓦版の編集に関わる中で、同じおもいの方々に触れ、逗子は皆さんがそんな意識を共有して心地よい素敵な景観のまちづくりを進めることができるのではないかと希望を感じている。

瓦版第20号平成25年

10月7日発行より転載
 

逗子・葉山版のコラム最新6

トンネルついに完成する

有料名越トンネル【8】 ちょっと昔の逗子

トンネルついに完成する

野村昇司

1月10日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

2020年の天文現象

1月1日号

通行料の徴収に向けて

有料名越トンネル【7】 ちょっと昔の逗子

通行料の徴収に向けて

野村昇司

11月29日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

南極老人星

11月29日号

星座にまつわるエトセトラ ノーベル物理学賞

逗子の景観まちづくり瓦版 第六号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月10日号

お問い合わせ

外部リンク