逗子・葉山版 掲載号:2020年2月21日号 エリアトップへ

逗子の景観まちづくり瓦版 第二十四号

掲載号:2020年2月21日号

  • LINE
  • hatena

不如帰の石碑文・絵 大河原 聡

 披露山をずっと下って降りると、海が広がっている。その防波堤の向こうに海面から突き出た石碑が見える。そのイカツイ岩肌には独特の文字が刻まれている。「不如帰」の石碑である。

 不如帰は逗子になじみの深い徳富蘆花の名作、浪子の薄幸な生涯の物語である。逗子を舞台にした文学作品には国木田独歩、泉鏡花などの名作が数多くあるが、蘆花の不如帰が最も有名ではないか?

 田超川沿いの小道を登ると静かなたたずまいの蘆花記念公園もある(ここで5年前に娘の保育園の卒園式があった)。こうした記念碑に気付かず通り過ぎてしまうことが日常には多い。

 波打つ黒い海面から力強く突き出す石碑からは

「もう二度と女なんかに生れはしない。

 千年も万年も生きたいわ。」

と吐いて死んでいった今では考えられないようなセリフを残した、明治女性の生への激しい渇望を感じる。急な山の斜面には石碑を見守るように浪子不動もある。

 そう言えばこの反対側には、石原慎太郎の「太陽の季節」の文学碑がある。金ピカの慎太郎の碑が太陽(・・)なら、こちらはさしずめ静寂な月の碑(・・・)なのかもしれない。

 私は少しぬるくなった缶ビールをリュックから取り出し、しばらくぼんやりと海を眺めていた。すると、石碑の上に白い海鳥が止まった。

瓦版第24号平成26年

2月17日発行より転載
 

「江戸前場下町」開店記念特売

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。2月28日(金)~3月1日(日)

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版のコラム最新6

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

オーロラの色

4月3日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

オーロラの色

3月20日号

命ささげた二人の明治の男たち

有料名越トンネル【9】 ちょっと昔の逗子

命ささげた二人の明治の男たち

野村昇司

3月6日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

暦(れき) 要綱

2月21日号

逗子の景観まちづくり瓦版 第二十四号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク