逗子・葉山版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

葉山町 パートナーシップ制度開始 近隣3市と相互利用も

社会

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena

 葉山町は7月から、「パートナーシップ宣誓制度」を導入する。公的に多様性を認め合い、より暮らしやすいよう目指すもので、同日から、先行する近隣3市との相互利用も開始。自治体間でも宣誓証明書を使用できる。

 町はこの制度を「互いを人生のパートナーとして、経済的にも精神的にも支え合い、協力し合って生活することを約した関係にあることを葉山町が確認し、公に証明するもの」と定義。役場庁舎内会議室で宣誓した後、証明書(=写真)を交付する。性的マイノリティのカップルのほか、事実婚も対象となり、宣誓証明書を持っていることで、県営や町営住宅への入居申し込みができるようになる。

 同制度は2015年、東京都渋谷区と世田谷区が他に先駆けてスタート。その後全国の自治体に広がっており、近隣では横須賀市が19年4月、鎌倉市は同年12月、逗子市は今年4月から制度の運用を始めている。

 町は2019年から制度導入への検討を開始。山梨崇仁町長は今年度中に導入する方針を示していた。

窓口で予約

 3市はすでに相互利用の協定を結んでおり、葉山町もこの仕組みに参加。締結自治体間で住所を移動した場合、新たに宣誓しなくても継続して証明書を使える。三浦市も導入し参加する予定で、三浦半島全域での相互利用を目指しているという。

 宣誓にあたっては、▽成年(20歳)に達していること(2022年4月以降は18歳)▽葉山町民であること、または転入を予定していること▽結婚していないこと及び宣誓者以外の方とパートナーシップ関係にないこと▽宣誓者同士が近親者(直系血族、三親等以内の傍系血族又は直径姻族)でないこと(養子縁組は除く)の4つを満たしていることが条件となる。

 宣誓には事前の予約が必要。町民健康課戸籍相談係の窓口(役場庁舎1階)か、【電話】046・876・1111(内線205)または【メール】tyoumin-soudan@hayama.kanagawa.jpへ希望日の5日前までに連絡を。

お中元商品受付スタート

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。「本物の味」が直売所価格!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版のトップニュース最新6

パートナーシップ制度開始

葉山町

パートナーシップ制度開始 社会

近隣3市と相互利用も

6月26日号

コロナ流行下の条例制定

逗子海岸

コロナ流行下の条例制定 社会

滞在目安「2時間まで」

6月26日号

夏の海岸に対応苦慮

逗子市葉山町

夏の海岸に対応苦慮 社会

エリア分けや周知に課題

6月12日号

コロナ対策に6千万超

逗子市補正予算

コロナ対策に6千万超 社会

GIGAスクール今年度中に

6月12日号

葉山食材の魅力発信

葉山食材の魅力発信 経済

直売所開設で6次産業化

5月29日号

逗子にPCR検査場開設

逗葉医師会

逗子にPCR検査場開設 社会

ドライブスルー方式で実施

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月26日号

お問い合わせ

外部リンク