逗子・葉山版 掲載号:2020年12月4日号 エリアトップへ

逗子市 水難救助 民間と連携 迅速な対応目指す

社会

掲載号:2020年12月4日号

  • LINE
  • hatena
緊密な連携を確認した
緊密な連携を確認した

 逗子市はこのほど、民間6機関と「水難救助の協力に関する協定」を結んだ。事故発生時の対応力強化を図ることが目的で、これまでも民間との連係プレーで救助した例があり、「より安心安全な海を目指したい」と関係者たちは意気込んでいる。

 民間6機関は株式会社リビエラリゾート(小林昭雄取締役社長)、株式会社小坪マリーナー(平井義久代表取締役)、小坪漁業協同組合(大竹清司代表理事組合長)、特定非営利活動法人逗子サーフライフセービングクラブ(歌代光雄代表理事)、逗子マリン連盟(岡田和夫代表理事)、特定非営利活動法人NPO海岸クラブ(眞壁克昌理事長)。締結式当日は各団体の代表者が出席した。

 協定では、救助活動において迅速で的確な救助活動が非常に重要と位置づけ。そのうえで、各事業者が保有する水上オートバイや救助船などの各種船舶を活用して、救助作業に当たることを明記したほか、連携訓練も実施するとした。それぞれの緊急連絡先を共有し、いつでも救助に向かえる体制を整えたという。今年10月には、逗子海岸からSUP(スタンド・アップ・パドルボード)で沖に出た男性(48)が、稲村ケ崎方面へ流される事案が発生。鎌倉市消防本部から逗子市消防本部に連絡があり、リビエラリゾートや小坪漁協の大竹さんが出船。稲村ケ崎沖合3Kmの場所で海上保安庁が発見し救助した。

 桐ケ谷覚市長は今夏、大事には至らなかったものの、逗子湾でSUPの愛好者が沖合に流された件にも触れ、「マリンスポーツ愛好者が増えているなか、皆さんの御協力をいただきながら市民たちが安心安全に楽しめる環境を作っていきたい」とした。

葉山つつじカードが届きます!

6月1日から取り扱い店舗で使えます

https://hayama.yomsubi.com/

<PR>

逗子・葉山版のトップニュース最新6

那須町と友好都市協定

葉山町

那須町と友好都市協定 社会

御用邸が縁で交流促進へ

5月14日号

「スマイル」も接種会場に

逗子市

「スマイル」も接種会場に 社会

6月2日から運用開始予定

5月14日号

ワクチン接種リハ実施

逗子市

ワクチン接種リハ実施 社会

本番向け課題を抽出

4月30日号

ワクチン接種に無料バス

葉山町

ワクチン接種に無料バス 社会

利便性と接種率向上目指す

4月30日号

10施設で再生エネ導入

逗子市

10施設で再生エネ導入 経済

脱炭素社会へ本腰

4月16日号

「総合型クラブ」設立へ

葉山町体育協会

「総合型クラブ」設立へ スポーツ

体制強化へ法人化も視野

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter