逗子・葉山版 掲載号:2021年5月28日号 エリアトップへ

ウニ拾いで磯焼け対策 市民が参加 堆肥化にも挑戦

社会

掲載号:2021年5月28日号

  • LINE
  • hatena
親子連れが多数参加した(上)、捕獲したウニ
親子連れが多数参加した(上)、捕獲したウニ

 海藻を食いつくし、磯焼けの原因になっているムラサキウニ。逗子海岸でもその数が増えており、漁業関係者らが頭を悩ませている。対策を講じようと海と山が近い逗子葉山ならではの資源循環を作るプロジェクトが始動。市民も巻き込んで逗子の海を豊かさを取り戻し、持続可能なモデルを作ろうと意気込む。

 今月15日、逗子マリン連盟と逗子30,Sの共催で「磯焼け対策 逗子ウニひろい」が開催され、市民やマリンスポーツ事業者、漁業関係者ら約100人が参加した。海水温の上昇やアイゴ、ムラサキウニなどによる食害でカジメやワカメといった海藻類が減り、海底が砂漠のようになる「磯焼け」。逗子海岸でもその被害は深刻で、小坪漁業協同組合の大竹清司組合長によると「年を経るごとに沿岸の海藻がなくなり、西浜や浪子の磯場にかけては、ウニがびっしりと生息している」という。失われた藻場は海の「生命の揺りかご」とも言われ、魚介類の生育に欠かせない環境。各地で様々な試みが行われているが、抜本的な解決策は見つかっていない。

 逗子市では、地元選出の近藤大輔県議が協力。県やマリンスポーツ関係者、漁組、そして葉山の農家をつなげ、海の厄介者であるウニを資源として循環させる仕組みを構築した。

 今回捕獲したウニは葉山石井ファーム(上山口)が引き取り、農業利用するためにたい肥化。有機物をたっぷり含んだ肥料で、葉山野菜の栽培に使うという。また、県水産技術センターの協力を得て、生態系の経年変化を観察。「ウニひろい」の効果測定や対策の効果的な手法を探る。

 当日は、親子連れも参加。西浜からすぐの岩場に多数のウニがいるのを見つけると、子どもたちは「こんなにいるよ」と器用にトングを使って捕獲していた。逗子マリン連盟の小林太樹さんは「今後も開催していくので、市民の皆さんと一緒に逗子の海の豊かさを取り戻せたら」と話していた。最新情報は同団体フェイスブックページで発表される。

 また、今回の事業は漁業組合等の許可を得て行っているもので、一般市民が普段、ウニを捕獲すると法律により罰せられる。

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月5日~15日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版のトップニュース最新6

地域医療シンポ開催

逗子市

地域医療シンポ開催 社会

専門家が現状と展望解説

8月5日号

ブロンズ模型設置に挑戦

葉山在住大下さん

ブロンズ模型設置に挑戦 社会

文化財題材「誰もが触れて楽しめる」

8月5日号

「新逗子駅前」と統合

逗子駅前交番

「新逗子駅前」と統合 社会

駅ビル完成後に「復活」予定

7月22日号

中学校給食の業者決定

葉山町

中学校給食の業者決定 教育

来年4月に提供開始

7月22日号

“青旗”掲げ海開き

逗子海岸

“青旗”掲げ海開き 経済

持続可能な発展目指す

7月8日号

米国で手術し無事退院

葉山のきかちゃん

米国で手術し無事退院 社会

心臓移植は成功 帰国の途へ

7月8日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook