逗子・葉山版 掲載号:2021年6月11日号 エリアトップへ

まんぷくカーニバルで「本部長」を務める 愛(あい) 良人(ながと)さん 逗子市在勤 42歳

掲載号:2021年6月11日号

  • LINE
  • hatena

食を通じて地域を元気に

 ○…今月から逗子駅前広場で始まった「まんぷくカーニバル」。特設テントにずらっと並ぶのは、市内の飲食店がそれぞれの個性を詰め込んだ自慢の弁当だ。売り切れることもしばしばでリピーターも増えてきた。市民有志が運営しており、現場を取り仕切る「本部長」として奔走する。「飲食店の応援だけでなく、食べた人の元気に繋がったら」と語る。

 ○…逗子で生まれ育った。若い頃はバンド活動に熱中し、機材の購入やスタジオでの練習費用に充てるためにアルバイトを始めたのが居酒屋だった。「自分が作ったものを美味しいと言ってくれるのが嬉しくて」。シンプルでダイレクトな客からの反応は音楽にも通じ、次第にのめり込むようになると、いつしか独立を目指すように。現在は市内で「山や」や「ズシサカバ アリア」など複数店舗を経営。ママ友のランチや仲間との飲み会、歓送迎会やデートなど、様々なニーズに応える地域に欠かすことのできない店に育てた。

 ○…コロナ禍で状況は一変したが、緊急事態宣言が出るとすぐにテイクアウトやデリバリーを始めるなど、持ち前の柔軟な発想でアイデアをひとつずつ実現していった。厳しい環境が続くなか、畑で自ら手塩にかけて作った野菜を使いピクルスを商品化したり店舗前に自動販売機を設置して、店の名物惣菜を販売。試行錯誤の手は緩めず、常に地域から求められているサービスを考えている。

 ○…食を通じて地域を元気にしたいという思いは強い。「参加店舗をもっと増やしたいし、新しい取り組みもしていきたい。今のところ6月末まで、雨が降らなければ毎日開催しているので、お気に入りの弁当を探してください」と笑顔で話した。
 

逗子・葉山版の人物風土記最新6

愛(あい) 良人(ながと)さん

まんぷくカーニバルで「本部長」を務める

愛(あい) 良人(ながと)さん

逗子市在勤 42歳

6月11日号

南田 幹太(なんだ かんた)さん

児童文学作家でデビュー作を出版した

南田 幹太(なんだ かんた)さん

逗子市在住 58歳

5月28日号

佐野 正子さん

バッグブランドSYMPOSIONを立ち上げた

佐野 正子さん

葉山町在住

5月14日号

森本 雅之さん

逗子市商工会青年部第55代部長を務める

森本 雅之さん

逗子市在住 41歳

4月30日号

菊池 操さん

若い女性向け支援付きシェアハウス「アマヤドリ」を運営する

菊池 操さん

葉山町在住 37歳

4月16日号

佐藤 輝さん

ダイビングガイドとして活動しながら初の写真集を出版した

佐藤 輝さん

葉山町在住 45歳

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter