逗子・葉山版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

10年目の被災地【3】 これからも被災地とつながり続ける 3・11つなぐっぺし

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena

 学生ボランティアバスツアー2日目。福島県の被災エリアを回りました。10年前から変わらず被害を受けたままの建物、止まったままの自動販売機、人が歩いていない街、帰還困難区域と書かれた看板、家の前にはられたバリケード、高い数値の放射線の線量計、色々なものを目に焼き付けました。

 また私達は南相馬市にある福島ロボットテストフィールドというところを訪れました。文字通りロボットの実験場で、広大な土地にトンネルや橋、市街地、ビルなどがあり、そこで沢山のロボットやドローンが開発され、世界からも注目されている施設です。この施設がある場所は10年前には津波の被害を受け瓦礫の山でした。そんな場所が今、世界から注目されていると考えると福島の「復興」という文字が浮かび上がってきたように感じます。

 つながり続けることで、私達と福島はつながっていると実感できます。ようやく浮かび上がってきた「復興」を応援し、忘れないでつなげていくことが、生きている私達ができることです。多くの皆さんに活動を応援していただき実現したツアーは、そう心に刻んだ大切な2日間となりました。  〈終わり〉
 

逗子・葉山版のコラム最新6

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

「月を見上げて」

10月8日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

「やぎ座を探そう」

9月24日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

「星の美しい町」

9月10日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

「二百十日」

8月27日号

これからも被災地とつながり続ける

10年目の被災地【3】

これからも被災地とつながり続ける

3・11つなぐっぺし

8月27日号

現地で感じ、考えたことを伝えたい

10年目の被災地【2】

現地で感じ、考えたことを伝えたい

3・11つなぐっぺし

8月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook