藤沢版 掲載号:2012年1月13日号
  • googleplus
  • LINE

湘南ライフタウン 「緑保全を評価」 歴史紐解く上映会も

経済

約40年前のライフタウン。右端が大庭城址
約40年前のライフタウン。右端が大庭城址

 湘南ライフタウンが誕生してから、今月で40年となる。

 昭和30年代半ばから高度経済成長に伴い、首都50Km圏の藤沢市はベッドタウンとして人口が増加。無計画に宅地化が進む「スプロール現象」が起きた。世帯数は1963年に15万世帯以下だったのに対し、5年後には20万世帯を超えた。

 藤沢市では67(昭和42)年、金子小一郎市長(当時)が建築家の故・黒川紀章氏にニュータウン建設の設計を依頼。71年に大庭台墓園が開園するなどして、翌年許可公告された。

 75年に「湘南ライフタウン」と改称されたこのエリアは、世界的にも稀な四つ角のないT差路システムで構成されており、人と車の共生が試みられた。

 市生涯学習課はライフタウンについて「当初の計画は、農業も継続しながら新住民も住める街づくりだったが、農家は減少している」とする一方「ゴルフ場や公園、街路樹もあり、緑は残せている」と評価した。

 湘南大庭公民館では1月21日(土)、午後2時から4時まで「ライフタウンの誕生」と題した上映会を開催。定員100人。問合せは湘南大庭市民図書館【電話】0466・86・1666まで。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク