藤沢版 掲載号:2012年8月17日号
  • googleplus
  • LINE

スズメバチ駆除 8月迎え 相談ピークに 「自分で手を出さず、連絡を」

社会

駆除されたスズメバチと巣
駆除されたスズメバチと巣

 本格的な夏を迎え、スズメバチなどのハチの活動が活発化している。藤沢市に寄せられるハチの相談は例年8月が最も多く、市環境保全課や専門業者は、ハチの巣を見つけたら早めに連絡するよう呼びかけている。

 市民から市に寄せられるハチに関する相談は、毎年7月から9月がピーク。特に8月が最も多く、昨年度の相談と駆除、調査は合計222件と、年間818件の4分の1以上を占めた。

 特に危険性が高いスズメバチは、市が特定の業者に駆除を委託している。個人が直接依頼した場合、通常1万5000円から2万円程度の費用が必要だが、市が連絡を受け指定業者が処理した場合は無料となる。

 7月のスズメバチの巣の駆除件数は45件と、85件だった昨年7月に比べて少ないが、市には8月に入ってからも毎日のように相談や駆除の依頼があるという。

 スズメバチは屋根の軒下など、目が届きにくく駆除しづらい場所に巣を作ることが多く、攻撃性や毒性が非常に高いため、対処が難しい。市からスズメバチの巣の駆除を受託している「金子園」の金子博幸さんは、「巣を見つけても近寄らない、触らない、自分で何とかしようとしないでもらいたい。市や専門業者に連絡してほしい」と話す。

 昨年度市に寄せられたハチの相談は、約半分がスズメバチに関するもの。スズメバチ以外のハチは市で駆除を行っていないが、同課は「アシナガバチなどの巣についても、対処法を説明する。ハチの種類がわからなくても、早めに相談してほしい」と呼びかけている。
 

藤沢版のトップニュース最新6件

十二神将立像を重文指定

藤沢市

十二神将立像を重文指定

2月16日号

五輪に向け予算拡充

藤沢市

五輪に向け予算拡充

2月16日号

安全なまちづくりで表彰

湘南大庭地区防犯協会

安全なまちづくりで表彰

2月9日号

最優秀タッグに認定

藤沢市出身諏訪魔選手

最優秀タッグに認定

2月9日号

人気に嬉しい悲鳴

藤沢初のまちゼミ

人気に嬉しい悲鳴

2月2日号

初の大規模リニューアル

テラスモール湘南

初の大規模リニューアル

2月2日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク