藤沢版 掲載号:2012年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

はす池で外来浮草駆除 有志60人が力合わせ

社会

池を覆う浮草を手作業で取り除いた
池を覆う浮草を手作業で取り除いた

 特定外来種の水生シダ植物「アゾラ・クリスタータ」の一斉駆除が11月3日、鵠沼藤が谷第一はす池で行われた。主催は桜小路公園愛護会と鵠沼アゾラバスターズ48。近隣の団体や個人などの有志が集まり、約60人が駆除に参加した。

 参加者はネットやザルなどを使い、池の岸から浮草の駆除作業を行ったほか、池の中央付近では腰や胸まで水に浸かり、手作業で丁寧にアゾラを取り除いた。

 同地区のはす池では、2008年にアゾラが大発生し、近隣の団体や住民が定期的に駆除活動を重ねてきた。近年では大規模な繁殖は見られなかったが、今年5月に大発生。同愛護会らは、定期的な駆除を行うとともに、8月からは池の下草刈りなど今回の一斉駆除の準備を行ってきた。

 池にアゾラが大量に繁殖すると、プランクトンや魚が減少。またカワセミなどの鳥が飛来しなくなるなど、生態系へ大きな影響を及ぼすため、現在日本では栽培や売買、放流などはすべて禁止されている。

 同愛護会の武井創代表は、「アゾラは非常に繁殖力が強く、たった1株残しただけで、また大発生することもある。今後も徹底した駆除が必要」と語った。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク