藤沢版 掲載号:2013年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

マーチングバンド 持ち味生かし 強豪に挑む 湘南台高・鵠沼高 世界へ

教育

【湘南台高校】リズムに合わせ、全体の動きを繰り返し練習していた(撮影=6月22日)
【湘南台高校】リズムに合わせ、全体の動きを繰り返し練習していた(撮影=6月22日)
 千葉県で開催される世界大会「ワールドチャンピオンシップフォーマーチングショーバンド」に8月、藤沢市内の湘南台高校と鵠沼高校が出場する。両校ともに、2012年に行われたアジア大会の優秀な成績が、今回の世界大会への出場につながったという。

湘南台高校

 湘南台高校吹奏楽部(愛称・ホワイトシューティングスターズ)が世界に挑むのは、02年に続き2回目。12年のアジア大会では、全部門を通しての最優秀賞に輝いた。

 部員190人の同部は、大人数を生かした迫力あるパート編成が持ち味。特に、楽器ではなくフラッグなどの小道具を使う「ガード」部員が豊富で、色彩感や立体感、躍動感の溢れるステージを得意とする。世界大会で披露する楽曲は現在のところ未定。これから曲の選定も含め、演技全体を作り込んでいく予定という。

 部長の石川実能里(みのり)さん(3年)は「経験の浅い1年生を上級生がリードしながら、まずは本戦出場を目指す。出るからには、1番を狙っていきたい」と意気込む。

鵠沼高校

 鵠沼高校マーチングバンド部は、今回が世界大会への初挑戦。12年アジア大会では銀賞を受賞した。

 部員は56人で、前身の鵠沼女子高校鼓笛隊から数え約60年の歴史を持つ。鼓笛隊時代の慣習を引き継ぎ、マーチングバンドとしては珍しく打楽器を前に配置した編成が特徴。世界大会には、楽曲「ペルシャの市場にて」で出場。また顧問や卒業生などが協力し、自分たちの編成に合わせて、今回初めて曲のアレンジにも挑戦するという。

 パレードなどで指揮を執る隊長の太田理緒さんと、パーカッションリーダーの倉田浩成さん(ともに3年)は「個々の能力は高いと思うので、課題は集団としての完成度。本番でも、自分たちの実力を最大限に発揮できれば」と語った。

【鵠沼高校】5月3日の横浜開港祭みなと祭ではパレードに参加し演奏を披露(写真提供=鵠沼高校)
【鵠沼高校】5月3日の横浜開港祭みなと祭ではパレードに参加し演奏を披露(写真提供=鵠沼高校)

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク