藤沢版 掲載号:2018年10月12日号
  • LINE
  • hatena

「海の中からきれいに」 ダイバーらが清掃活動

社会

引き揚げられたごみを分別する参加者ら(=6日、湘南港)
引き揚げられたごみを分別する参加者ら(=6日、湘南港)

 2020年東京五輪セーリング競技会場の江の島を、海の中からきれいにして選手や観光客らをもてなそうと6日、島内の湘南港で清掃イベントが開かれた。市民大学「湘南VISION(ビジョン)大学」の体験講座の一環。全国で海底清掃を行う「海をつくる会」のダイバーら約20人が海に潜り、普段は見えない海底のごみを引き揚げた。

 イベントには親子連れなど約30人が参加。ダイバーが集めたごみを岸壁からひもで揚げたり、分別するなどした。

 この日、海の中は視界が悪かったものの、重りや糸など釣り具や空き缶などが続々とシートに広げられた。中には鉄製のごみ箱や板、柱など大人数人がかりでようやく引き揚げたものもあり、1時間ほどで集まった総量は400kg近くになった。

 川崎市から参加した小学5年生の男の子は「海の中からごみが見つかると嫌な気持ちになる。ひとり一人がきれいに使ってほしい」、同市民大学の片山清宏さんは「今回の活動を通じて、より多くの人が海のごみ問題について考えるきっかけになれば」と話した。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統文化を体験しよう

伝統文化を体験しよう

30・31日 市民会館でイベント

3月30日~3月31日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク