藤沢版 掲載号:2019年3月1日号 エリアトップへ

聴覚障害者、宿泊に安心を 北RCが防災機器貸し出し

社会

掲載号:2019年3月1日号

  • LINE
  • hatena
光で災害発生を知らせる受信機
光で災害発生を知らせる受信機

 藤沢北ロータリークラブ(石川麻央会長)ではこのほど、市内の宿泊施設に聴覚障害者用の災害時緊急信号送受信機の貸し出しを始めた。これに先立ち2月22日、湘南クリスタルホテルで避難訓練を実施し、安全に誘導するための初動を確認した。

 日本には聴覚障害者が約36万人いるとされている。しかし、見た目では障害の有無を判断しづらいことから理解が広まらず、「他の障害に比べて施策が後回しになっていると聞いた」と石川会長は話す。

 神奈川県聴覚障害者センターの河原雅浩さんは「手話が通じないと、誰かに『助けてください』とさえ伝えることができない」と現状を説明する。電車が止まったときは文字情報で確認できるまで、思わぬ方向に行ってしまうときもあるという。またホテルでは「ドアを閉めたら密室で電話もノックも聞こえない。いつも不安になる」と訴えた。

 訓練では、聴覚障害者2人とヘッドホンを付けて耳が聞こえない状態になった参加者がホテルの一室に集まった。部屋には光受信機を設置し、腕には振動で知らせる腕時計型の受信機を装着した。災害が発生すると、従業員が送信機を使い連絡。部屋では光が点灯し、腕時計型には振動と「けいほう」という文字が現れた。すぐさま廊下に出ると、駆け付けた従業員とともに階段を使い避難した。

 聴覚障害の男性は、「災害時は廊下で待っているようにホテルから言われたので、落ち着いて行動できた。チェックインのときに説明してくれると安心する」と話した。またヘッドホンをつけ参加した大塚和光さんは、「こんなに周りの音が聞こえないとは。光でようやく分かった」と話した。

 同クラブで、機器を2セット用意。市内の宿泊施設から要望があったときに貸し出すという。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

地域に開けた障害者支援

新時代のビジネス―【4】

地域に開けた障害者支援 経済

6月21日号

「桜島先輩」が藤沢PR

人気アニメ「青ブタ」

「桜島先輩」が藤沢PR 文化

6月21日号

鵠沼 大輪のハス見頃

旋風支える“二刀流”

球“夏”到来〈1/3〉

旋風支える“二刀流” スポーツ

清流高校小田嶋優(3年/外野手)

6月21日号

11人が立候補表明

11人が立候補表明 政治

夏の参院選神奈川選挙区

6月21日号

義経訪ね 徒歩500Km

義経訪ね 徒歩500Km 社会

小峯さん巡礼の旅終える

6月21日号

「どすこい」海岸清掃

「どすこい」海岸清掃 文化

力士ら400人が参加

6月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク