藤沢版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

学生経営「インターン酒場」 仕事の本質、学ぶ一助に

経済

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena
「もんじゃBAR みらいろキャンパス」をPRする店長の高橋さん(左)ら
「もんじゃBAR みらいろキャンパス」をPRする店長の高橋さん(左)ら

 就職活動中の大学生にビジネスの本質について学んでもらおうと、飲食店の経営を試験的に委ねるユニークな取り組みが南藤沢で行われている。長期のインターンシップを活かし、学生自らがマーケティングや商品開発を担当。経営に関する実践的な経験を積むことで、会社の成り立ちや社会の仕組みを学ぶ一助になっているようだ。

 藤沢駅南口からほど近くのビル3階にある、その名も「もんじゃBAR みらいろキャンパス」。市内に事業所を構える「エコノミー湘南」(桑名伸社長)が昨年末オープンした。

 背景には、大学生を取り巻く就職活動の実情がある。近年は学生の売り手市場とされながらも、早期化や企業間の採用競争で就職して初めて仕事の本質を知り、早々に転職してしまうケースも少なくないという。そこでそうしたミスマッチを少しでも減らそうと、(一社)社会人大学の代表理事で、就活生に仕事選びの大切さなどを伝えている桑名社長が発案した。

 現在スタッフは2〜4年生までの8人。アルバイトとは異なり、調理や接客だけでなく商品の企画や収支計画、販促など経営に必要な業務のほとんどを手掛ける。看板メニューのもんじゃ焼きは、出汁の配合から試行錯誤を重ねた自信作だ。

 「短期のインターンだと仕事の一端にしか触れられないが、目標を持って取り組める」と店長の高橋雄大さん(22)はやりがいを話す。高橋さんは慶応大の3年生。同店に入るまで飲食業経験はゼロだった。卒業後の進路は未定だが、起業も視野に入れているという。

 一方、店を訪れる客は店のコンセプトを踏まえた上で「社会人の先輩」として、サービスの仕方などについてアドバイスしたりもする。ただ接客方法やメニュー数など、一般的な飲食店と比べれば見劣りする部分もある。高橋さんは「商品やサービスの質を今よりも引き上げて、学生ならではの強みを生かせる店にしていければ」と話した。

 店舗は南藤沢のマタリビル3階。営業時間は午後6時から11時。不定休。
 

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

日の丸胸に世界陸上へ

石川在住高島さん

日の丸胸に世界陸上へ スポーツ

混合4×400mリレー出場

9月20日号

市有予定地、民間が売却へ

辻堂東海岸

市有予定地、民間が売却へ 社会

44年前合意も寄付されず

9月20日号

パラ事前合宿で藤沢へ

パラ事前合宿で藤沢へ 社会

県と市、ポルトガルと協定

9月13日号

台風15号 停電など余波

未明に最大1万6千軒

台風15号 停電など余波 社会

9月13日号

安全対策強化へ車止め

藤沢市

安全対策強化へ車止め 社会

大津の事故受け55カ所に

9月6日号

「横浜湘南道路」開通に遅れ

「横浜湘南道路」開通に遅れ 社会

トンネル施工などで課題

9月6日号

藤沢駅周辺 ホテル続々

藤沢駅周辺 ホテル続々 経済

宿泊観光客増へ期待感

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

観光案内と記者体験

観光案内と記者体験

来月19日、江の島で

10月19日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク