藤沢版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

長後に歴史学べる資料館 散策の会が毎月開館

文化

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena
丁寧に解説してくれる長後歴史散策の会のメンバー(左から荻田准三さん、田場川善雄さん、野渡訓さん)
丁寧に解説してくれる長後歴史散策の会のメンバー(左から荻田准三さん、田場川善雄さん、野渡訓さん)

 長後駅東口から徒歩3分程、長後商店街沿いの老舗呉服店「羽根澤屋本店」の裏通りに入ると現れる「羽根澤屋資料館」。1994年に同店が創業100年を迎えた記念に建てられた。同店3代目の故・青木宗茂さんが大の古いもの好きで、全国各地から集めた、貴重な品々が展示されている。その数、300点以上――。

 展示されているのは、明治から戦前のものが多い。江戸時代の水鉄砲式ポンプ、消防の半纏、軒吊り看板などをはじめ、当時の生活用品、古文書類など様々で、「過去は未来を開く鏡。時を越えて息づくぬくもり、この時の流れの贈りものに目をこらし、過ぎし残影の郷愁を偲んで下さい(略)」とメッセージが添えられている。

 これまで、普段公開されることはなく、学生や団体が勉学のため訪問するときにだけ開かれていた同館。今年の5月から、ふるさと観光マップ「長後めぐり」の資料編などを作成する「長後歴史散策の会」が毎月1回、第2月曜日に開館することになった。同会メンバーは「羽根澤屋の歴史、長後の歴史、日本の歴史が分かる郷土資料の宝庫。地元の歴史を知るきっかけになれば」と話す。

 長後は江戸時代、大山街道が通る交通の要衝として宿場が置かれ、商店が立ち並び、中心地として栄えていた。同店も江戸から明治後期までは旅館を営んでいたという。同メンバーは「呉服店に業務転換するときにアドバイスをしていたのはあの伊勢丹の創業者なんだよ」とにっこり。資料とともに歴史を丁寧に教えてくれる。

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

「GAP」が刊行

「警察小説大賞」受賞作

「GAP」が刊行 文化

辻堂在住、佐野さん執筆

12月13日号

馴染みの神輿ヒントに

大鋸在住管さん

馴染みの神輿ヒントに 文化

ポスターコンクールで特別賞

12月13日号

難病患者想定し初訓練

難病患者想定し初訓練 社会

災害時の移動に備える

12月13日号

収穫の喜び児童ら実感

収穫の喜び児童ら実感 教育

グリーンLC

12月13日号

「パフューム」新曲ダンスを披露

湘南高校ダンス同好会

「パフューム」新曲ダンスを披露 スポーツ

Eテレ番組の企画で実現

12月13日号

女性起業家フェスタ盛況

女性起業家フェスタ盛況 社会

親子連れなど800人

12月13日号

和久石さん全国へ

和久石さん全国へ スポーツ

県空手大会3位に

12月13日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場を完全 昨年10月より実施中です

http://www.heiwadou/com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クリスマス3人展

鵠沼海岸

クリスマス3人展

12月5日~12月25日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク