藤沢版 掲載号:2020年5月15日号 エリアトップへ

分庁舎にメダカ池 完成 藤沢の地域系種200匹放流

社会

掲載号:2020年5月15日号

  • LINE
  • hatena
分庁舎前に完成した池にメダカを放流する「藤沢メダカの学校をつくる会」の運営委員
分庁舎前に完成した池にメダカを放流する「藤沢メダカの学校をつくる会」の運営委員

 一時は絶滅したと思われていた藤沢の地域系種「藤沢メダカ」を保護し鑑賞できる「藤沢メダカ池」が、市役所分庁舎入り口前に完成した。9日、メダカの保護や自然繁殖に取り組んでいる藤沢メダカの学校をつくる会(菊池久登会長)が200匹を池に放流した。

 池は全長約6m、幅約1・5mで、ヒョウタンの形をしている。周りには藤沢に自生するミソハギやハンゲショウといった希少な湿性植物が植えられ、ビオトープのような空間に整備された。また、数を減らしているチョウを呼び込もうと、食草となる植物も植えられた。

 放流したのは、藤ヶ岡中にある藤志ヶ池で、同会と生徒らが繁殖させてきたメダカ。同会の運営委員らによって放流すると元気よく池の中を泳いでいた。

 菊池会長は「藤沢メダカを多くの方に知ってもらいたい。またメダカを通して、消えてしまうかもしれない藤沢の自然環境にも関心を持ってほしい」と話した。

市民から35万円

 同会は8日、池の完成に先立ち、市民から募っていた寄付金を鈴木恒夫藤沢市長へ手渡した。多くの市民に関心を持ってもらいたいと1口100円の募金で、2年間で約35万円が寄せられた。

藤沢版のローカルニュース最新6

「女性目線のビジネスを」

「女性目線のビジネスを」 社会

湘南台在勤・小林さん日本代表に

11月20日号

90歳 今もゴルフ生きがい

90歳 今もゴルフ生きがい スポーツ

石川在住 高師昌子さん

11月20日号

家族の温もり 絵本に

家族の温もり 絵本に 文化

麻生さん 「こたつ」出版

11月20日号

災害復興をアプリで支援

災害復興をアプリで支援 経済

市内企業がCFに挑戦

11月20日号

秋色に染まるイチョウ並木

鈴木監督ら優勝を報告

神奈川FD

鈴木監督ら優勝を報告 スポーツ

11月20日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク