藤沢版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

総額300万円 会費免除へ 湘南台商連 10月から半年間

経済

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena
最上重夫会長
最上重夫会長

 全国でも最大級の会員数を持つ湘南台商店連合会(最上重夫会長・会員数216)が、半年間の会費免除を決定した。

 免除の期間は今年10月から来年3月分。連合会の収益としては年間の半分の300万円を失うことになるが、「コロナ禍で苦しむ事業主の負担を少しでも軽くしたいと役員会の総意として決定した」と最上会長は話す。減収分は今までの繰越金で賄うという。

 背景には、商店会組織の弱体化への懸念がある。集客ができない状況に加え、休業要請もあり、各事業者は厳しい経営が続く。その中、商店会からの脱会という声も上がっている。このまま弱体化が進めば、商店会が地域団体と進めてきた安全安心づくりの取り組みや、住民とともに育ててきたイベントの縮小などにつながり、まちの魅力を損なってしまう可能性があると考えた。

 「今年の連合会の運営は厳しくなるが、会員の皆さんこの状況を乗り越え元気になってもらうことが一番大切。その後、また一緒に連合会として地域の発展に貢献していきたい」と最上会長。

 同連合会は、湘南台駅西口の事業者を中心に構成されている。200を超える会員数は全国屈指の規模だ。活動も活発で、安全安心のまちづくりでは防犯カメラや足元灯の設置、イベントでは相撲部屋と連携した企画や、納涼祭などを開き、多くの地域住民と地元事業者をつないでいる。

藤沢版のローカルニュース最新6

成人歯科健診6月から

歯科治療を放置しないで

―歯と口の健康週間特集―

歯科治療を放置しないで 社会

6月5日号

今年度20人で過去最少

待機児童数

今年度20人で過去最少 社会

6月5日号

給食再開まで昼食支援

給食再開まで昼食支援 社会

100円で弁当提供

6月5日号

「観光のお供にいかが」

「観光のお供にいかが」 経済

ご当地マスク 土産物店主が考案

6月5日号

高校生に活躍の場を

高校生に活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月5日号

かながわセレモニーサポート

安心で納得 家族の心で送るお葬式

https://kanagawa-ceremony.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク