藤沢版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

市長ら給与削減 コロナで経済影響踏まえ

政治

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスの感染拡大による地域経済への影響を踏まえ、藤沢市は13日、鈴木恒夫市長ら特別職の給与を一定期間削減する方針を明らかにした。20日の市議会臨時会に関連議案を提出し、全会一致で可決された。

 鈴木市長は6月から4カ月間20%の給与を削減。宮治正志、和田章義両副市長は10%、岩本将宏教育長は5%、それぞれ同期間削減する。市によると削減額は計約295万円になる。

議員も報酬カット

 また藤沢市議会も6月から来年3月まで議員報酬や期末手当を削減することで合意。議長は3万円、副議長は2万5千円、議員は2万円減額する。また政務活動費も同期間月額一人当たり8万円から5万円に削減。各委員会の視察なども取りやめ、報酬などと合わせて削減額は計約2863万円となる。20日の臨時会で議員提案した。

藤沢版のローカルニュース最新6

成人歯科健診6月から

歯科治療を放置しないで

―歯と口の健康週間特集―

歯科治療を放置しないで 社会

6月5日号

今年度20人で過去最少

待機児童数

今年度20人で過去最少 社会

6月5日号

給食再開まで昼食支援

給食再開まで昼食支援 社会

100円で弁当提供

6月5日号

「観光のお供にいかが」

「観光のお供にいかが」 経済

ご当地マスク 土産物店主が考案

6月5日号

高校生に活躍の場を

高校生に活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月5日号

かながわセレモニーサポート

安心で納得 家族の心で送るお葬式

https://kanagawa-ceremony.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク